‘銀行’ タグのついている投稿

銀行でも資産運用出来る

資産運用を始めるとなると、窓口を作る金融機関を決めないといけません。一般的には資産運用をするなら証券会社に口座を作るのでしょうが、銀行でも運用をすることができます。あと、生保でも可能ですね。

銀行で買える金融商品、買えない金融商品

銀行で資産運用をする場合、どんな金融商品で運用することになるのでしょうか。

銀行で買える金融商品

まず考えられるのが、定期預金かな。積み立てるのであれば、定期積金というのもあります。銀行で運用するのですから、当然ですが、預金という選択肢もありますよね。もっとも、最近の低金利では、魅力的な商品とは言えませんけど。

次に考えられるのが外貨預金でしょうか。最近、また、外貨預金に力を入れ始めているような感じがします。

ただ、資産運用で銀行が力をいれいているのは、何と言っても投資信託です。預金を取り崩させて投資信託をかわせる事すら珍しくないようです。

この他にも、貯蓄性の高い生命保険や、ラップ口座といった商品もあります。あとは、国債なんかも銀行で買えますね。最近では、仕組預金という金融商品も売られています。

銀行で買えない金融商品

このように、銀行で買える金融商品はたくさんあります。ただ、銀行・証券の分離といって、銀行では証券の取引は原則としてできません。

具体的に書くと、株式は銀行では買う事ができません。つまり、銀行で株を買おうと思うと、投資信託を通して買うしかないわけですね。

あとは、REIT やETF などの上場型の投資信託も買う事ができません。このように、銀行での資産運用を選ぶと、色々と制限があるのも事実です。

銀行で資産運用するメリットとデメリット

さて、銀行で資産運用をするとなると、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

最初はデメリットから。

手数料が高い投資信託を勧められる可能性が大きい

銀行、特にメガバンクに行って資産運用の相談をすると、手数料が高い投資信託を勧められることが多いでしょう。そして、多くの人が、それに従って手数料の高い投資信託を買っているようです。

しかし、長期投資を考えている場合は、金融機関に支払う手数料をいかに減らすかというのが大事なポイントのはずです。つまり、銀行で投資のアドバイスをもらうと、セオリーとは外れた商品を勧められるという事ですね。

ちなみに、銀行に行くと手数料が高い投資信託を勧められるという主張には、当然ですが根拠があります。それが無いと、ただの誹謗中傷ですからね。

裏付けを示すのは簡単です。メガバンクのサイトに行って、投資信託の販売額ランキングをチェックすればいいのです。有利なはずのインデックスファンドのランクインが少なく、ほとんどがアクティブファンドで占められているのです。

あともう一つ、銀行に行くと、店頭にはアクティブファンドのパンフレットが陳列されています。これも手数料が高い投資信託を売ろうとしている証左でしょう。

さらに言うと、手数料の安いインデックスファンドの取扱いが、そもそも少なかったりもします。売りたくないんでしょうね。

貯蓄型の生命保険はさらにダメ

ちなみに、銀行では、投資信託だけでなく、貯蓄性の高い生命保険の販売もしています。実は、これらの生命保険は、投資信託以上にダメな商品です。

何がダメかというと、手数料が高すぎるのです。これにも当然、客観的な証拠があります。金融庁が出している金融レポートの平成27年度版に、生命保険の手数料が投資信託と比べても高いと書かれているのです。

相続税対策として貯蓄型の生命保険を利用するというのはアリだとおもいます。でも、資産運用として生命保険を利用するのは、ちょっと考えた方が良いでしょうね。

外貨預金は買ってはいけない

投資信託以上に問題があるのが、外貨預金です。これが、デメリットの2つ目です。

外貨預金の問題点を挙げればキリがありません。ただ、外貨普通預金と外貨建てMMF の金利の比較をすれば、それだけで問題点の指摘としては十分でしょう。類似商品である外貨建てMMF に、外貨普通預金は完敗しています。

特にメガバンクは酷いものです。外貨定期預金の金利の方が、外貨建てMMF の金利を下回ることもあります。

メガバンクで外貨預金をする人は、不利な商品を売られたという自覚を持つべきでしょう。あるいは、知らない方が幸せなのかもしれませんが。

ETF が買えないデメリットは大きい

デメリットの3つ目は、上にも書きましたが、銀行では買えない金融商品がある事です。

現物の株式が買えないのは、まあ、そんなに問題無いのかな。株式を買わなくても、問題無く資産運用ができますからね。影響が大きいのは、ETF が買えない事の方でしょうね。

投資信託の手数料について追及していくと、最後はETF を選ぶことになるはずです。でも、銀行では、そのETF を買う事が出来ないわけですね。

ETF が無ければ手数料が安いインデックスファンドでも良いのですが、その取扱いも少ないというのが現状です。

ラップ口座はデメリットの方が大きいぞ

あとは、数年前から力をいれているラップ口座でしょうか。これを積極的に売りつけられるのもデメリットですね。

ラップ口座というのは、はっきり言って、富裕層向けのサービスです。それを一般庶民に売る場合には、かなり手数料を割高にしないと商品として成立しません。

実際、ラップ口座の手数料を調べてみると、庶民は手を出してはいけないものであることが分かります。ラップ口座に手を出すくらいなら、手数料が安いバランス型投資信託でも買った方がマシなのです。

銀行で資産運用をするメリットはある?

それでは、銀行で資産運用をするメリットには、どんなものがあるのでしょうか。わりと真面目に考えてみましたが、率直に言ってメリットは見つかりませんでした。

敢えて挙げると、銀行には口座がすでにできているので、決済がしやすいとういくらいでしょうか。証券会社に口座を作ると、お金を振り込む手間がかかりますからね。

あとは、馴染みの金融機関なので、安心感があるというくらいかなあ。

でも、どちらも、メリットとしては弱いですよね。

資産運用で損をしたら読む本 │ 銀行・証券会社は個人投資家の味方ではない

2012年5月8日 火曜日

資産運用で損をしたら読む本

価格:1,680円
単行本: 191ページ
著者: 河合 圭


(さらに…)

国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?

2012年3月19日 月曜日

時々、「日本の国債が暴落する」と主張する人がいます。

実際にどうだったかと言うと、いつまで経ってもそんな兆候はみられないのですけどね。ですから、さすがに、信じる人も減ってきたような印象があります。

国債暴落の現実性はさておき、本当に暴落すると何が起こるのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

明治生命の一時払い終身保険を販売制限へ …っていうか、これって何で人気なの?

2012年2月13日 月曜日

明治生命が一時払い終身保険の販売を制限するようです。
銀行で売る分を減らすようですね。

販売を減らす理由は、国債の下落の不安があるためとの事です。
国債をたくさん持っているので、金利変動があると保険会社が大損をする可能性があるわけです。

それを回避するための販売制限と言う事だそうです。
売れすぎるのも問題と言う事なんですね。

■ 明治安田生命、銀行窓口での保険販売を制限へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120212-OYT1T00439.htm

(さらに…)

借金がある場合は返済する 借金の返済以上の運用は難しい

2012年2月10日 金曜日

資産運用でとにかく大事なことは、最初に借金を返してしまうことです。このルールだけは絶対に守るようにしましょう。今ある借金は返済し、新しい借金はしないことが大事です。

しかし、世の中には、運用のリターンが借金の金利以上にある。借金を返すくらいなら、借金をしたままで現在の資産で運用した方が良いと思う人ともいるようです。

特に住宅ローンですと、1%を割り込むこともあります。確かに、これなら、運用した方が良い気もしますね。

しかし、実は、こういう考え方は、かなり危険です。何が問題なのでしょうか。

(さらに…)

ファンド型の投資商品でトラブルが急増 昔から良くある手口ですけどね

2012年1月30日 月曜日

投資家からお金を集めて何かの事業をや投資を行う投資商品で、トラブルが増えているようです。昔からある手口ですが、未だに騙されてしまう人は少なくないのですね。十分に気をつけたいところです。

(さらに…)

外貨預金よりも外貨建てMMFの方が資産運用には向いている

2012年1月17日 火曜日

外貨預金は有名な金融商品ですが、率直に言ってあまりお勧めできる金融商品ではありません。外貨建てMMF やFXの方がまだいいですし、為替リスクを取るなら株式くらいのリターンが無いと割に合わないのです。

(さらに…)

個人がお金を増やそうと思えば投資信託が便利 でも、ちょっと問題点も

2012年1月16日 月曜日

投資信託は利点が多い金融商品です。ただ、大きな欠点も存在します。

具体的に何が問題かというと、手数料が高い投資信託が多いのです。手数料が高いと、何が問題なのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

金融機関で資産運用の相談?| 割高の商品を買わされるだけかも

2012年1月6日 金曜日

最近の金融機関は、資産運用の相談に熱心なようです。何を買っていいかわからない人のために、専用の窓口を用意しているところも有るようですね。特に銀行の、投資信託の相談はかなり力を入れています。

さて、こういうところで金融商品を買うのは正しい選択なのでしょうか。実は、あまりいい選択とは言えないのかもしれません。

(さらに…)

毎月一定額を貯蓄にまわす仕組みを作る

2011年11月25日 金曜日

資産運用というのは、持っているお金を2倍3倍と増やしていく行為です。ということ、資産運用をするには、運用するお金が必要ということです。

ですから、できるだけ早い段階で、運用するお金を用意する必要があります。そのときに便利なのはが、積立をすることです。

(さらに…)

3か月分の生活費は別に分けておく

2011年11月15日 火曜日

ある程度のリスクをとった資産運用は、とても大事なことです。ただ、すべてをリスク資産で運用するわけにはいきません。

すべてをリスク資産で運用すると、いくつか問題があるのです。ですから、一部のお金は、普通預金や定期預金などの元本保証の金融商品で分けて持っている方が良いでしょう。

さて、その金額は、どのくらいにするのが良いのでしょうか。

(さらに…)