‘投信積立のメリット・デメリット’ タグのついている投稿

投信積立のメリット

投資信託の積立(以下、投信積立)には、いくつかのメリットが考えられます。その中で最も大きなものは、自動的にお金を貯められるという点にあるでしょう。

資産運用で一番最初にやらないといけないのは、運用するお金を用意することです。運用する元手が無ければ、運用のしようがないですよね。

強制的にお金を貯められる

でも、お金を貯めるのが意外と難しいんですよね。人間というのは不思議なもので、収入が増えたら、増えた分だけ使ってしまう習性があります。

ですから、積立のような強制的な手段が効果があるのです。強制的に引き落とされますから、嫌でもお金は貯まっていきます。

他の積立商品よりも投資信託が優れているわけ

ただ、積立型の金融商品はたくさんあります。銀行の定期積金や生保の養老保険などで積み立てることも可能でしょう。

しかし、こういった金融商品と比較しても、投資信託は優れています。しかも、圧倒的に。

投資信託の何が優れているかとういと、積立をしながら資産運用が始められてしまうのです。他の金融商品だと、どうしても、お金が貯まるのを待ってから運用という形になりますよね。それよりも一歩先んじて運用できるわけです。

「株式るいとう」でも積立てながら運用はできるが

ちなみに、積立をしながら運用ができる金融商品がもう一つあります。「株式るいとう」という商品です。あるいは、カブドットコム証券の「プレミアム積立(プチ株)」という株式るいとうと類似のサービスです。

これはどんな商品かというと、株の積立ができるという商品です。毎月1万円とか2万円ずつ、株を買っていくことが出来ます。

ただ、この金融商品も、大きな問題を抱えています。株の積立の場合は、投資信託のように分散投資ができないのです。

ということで、お金を自動的に貯められて分散投資まで始められる投信積立は、かなり優れた商品だと思って良さそうです。

投信積立のデメリット

それでは、投信積立にはデメリットは無いのでしょうか。

投信積立のデメリットとして、やっぱり一番大きいのは、手数料が高いものがある事でしょう。とは言え、養老保険などと比べれば、手数料は安いんですけどね。

投信積立をするということは、基本的には、長期で投資信託を保有するという事です。この保有期間を通して、信託報酬という手数料がかかるのです。

信託報酬は年2%以上の物もありますから、例えば、運用している額が100万円まで達しているとしたら、2万円も手数料として取られることになります。10年持ち続ければ20万円ですね。かなりの負担です。

ですから、投資信託の積立をするのであれば、というか長期運用で投資信託を使うのであれば、信託報酬が安い投資信託を選ばないといけません。これを間違うと、金融機関を喜ばせるだけの、カモになってしまうわけです。

まあ、知っていれば回避できるデメリットですからね。積み立てる投資信託を選ぶ際には、十分に注意するようにしましょう。

月々1万円2万円3万円程度の投資信託の積立だったら「つみたてNISA」がお得!

2017年10月6日 金曜日

将来のために、毎月コツコツ貯めたいという人は少なくないはずです。毎月の給料から1万円とか2万円とかを貯めていくイメージですね。

このサイトの別のページでも書いていますが、そういう時に便利なのが投資信託の積立です。証券会社や銀行などに申し込んでおくだけで、毎月自動的に投資信託を買い付けてくれるのです。こうすれば、貯蓄をしながら投資まで出来てしまいます。

(さらに…)

投信積立の銀行引き落としが可能に│ SBI証券

2012年12月18日 火曜日

個人が中長期で資産運用をすることを考えたとき、投資信託の積立ては非常に便利です。積立てなら元手がなくても、いきなりリスク資産での運用ができるからです。また、確実にお金を貯めるという意味でも、積立ては優れた方法です。

しかしながら以前は、ネット証券での投資信託の積立てには、一つ大きな問題がありました。証券会社の口座にお金がないと、積み立てることができなかったのです。銀行口座から自動引落で積み立てるというようなことができなかったわけですね。

しかし、この状況もだいぶ変わってきています。SBI証券などでは、かなり使いやすくなっているようですね。

(さらに…)

個人がお金を増やそうと思えば投資信託が便利 でも、ちょっと問題点も

2012年1月16日 月曜日

投資信託は利点が多い金融商品です。ただ、大きな欠点も存在します。

具体的に何が問題かというと、手数料が高い投資信託が多いのです。手数料が高いと、何が問題なのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)