‘手数料’ タグのついている投稿

金融商品の手数料には2つの種類がある

金融商品には、大きく分けて2つの手数料があります。一つは売買の時にかかる手数料で、もう一つが金融商品を持っているとかかる手数料です。

売買の手数料に関しては説明入らないでしょう。もう一つの保有に関する手数料ですが、その金融商品を持っているだけで手数料がかかることがあるのです。

代表的なのは投資信託でしょうか。投資信託を買い付けると、売却するまで信託報酬という手数料が毎日かかります。運用している資産の中から、少しずつ手数料が抜かれていくのです。

保有するとかかる手数料は意識されない事が多い

売買の時にかかる手数料に関しては、意識している人は意外と多いようです。今のようにネット証券が力をつけたのも、株式の売買手数料の安さがきっかけの一つでした。

ところが、もう一つの手数料である、保有するとかかる手数料に関しては、意外と意識していない人が多いように思われます。最近はだいぶ意識が変わってきたのかもしれませんが。

長期投資では保有で発生する手数料を考慮することは大事

実は長期投資の場合、保有しているとかかる手数料の方が影響は大きくなります。これは次のような例を考えると分かりやすいでしょう。

投資信託Aは購入した時の手数料(販売手数料)が3%かかるとします。そして、この投資信託を持っていると、1年あたり1%の手数料(信託報酬)がかかるとします。

こういう条件の投資信託があったとしたら、3年までの期間は買付時の販売手数料の影響の方が大きいです。しかしそれを超えると、持っているとかかる信託報酬という手数料の影響の方が大きくなります。

仮に10年の長期投資だとすれば、持っているだけでかかる投資信託の影響の方が大きいわけです。

実際の手数料の計算は、もう少し複雑なんですけどね。信託報酬の額は基準価額に依存しますから。ただ、イメージとしては十分伝わるのではないでしょうか。

手数料の影響は大きいです

ちなみに、上の例で行くと、投資信託Aを十年間保有すると13%分の手数料がかかる計算になります。100万円を運用しているなら、13万円を手数料として取られるわけです。

今回挙げた販売手数料3%、信託報酬1%というのは、決して手数料として高いわけではありません。ごくごく普通の投資信託の手数料という感じです。

つまり、普通に投資信託を買うと、これだけの手数料を取られるということです。当然パフォーマンスにも影響します。

手数料が大事なのが分かっていただけるのではないかと思います。

投資信託以外も手数料はかかります

当然ですが、投資信託以外の金融商品も、手数料はかかります。

私たちに比較的なじみがある金融商品だと、貯蓄型の生命保険は手数料が高いという印象ですね。それを知っている人は、出来るだけ生命保険は避ける傾向にあるようです。

あるいは、富裕層向けのラップ口座も手数料が高い金融商品です。運用してるのが数百万円程度だと、特に手数料が高くつきます。

こういう商品を選んでいると、資産運用は厳しくなります。金融商品を買い付ける前には、めんどくさがらずに手数料をチェックするようにしましょう。

外貨預金よりも外貨建てMMFの方が資産運用には向いている

2012年1月17日 火曜日

外貨預金は有名な金融商品ですが、率直に言ってあまりお勧めできる金融商品ではありません。外貨建てMMF やFXの方がまだいいですし、為替リスクを取るなら株式くらいのリターンが無いと割に合わないのです。

(さらに…)

個人がお金を増やそうと思えば投資信託が便利 でも、ちょっと問題点も

2012年1月16日 月曜日

投資信託は利点が多い金融商品です。ただ、大きな欠点も存在します。

具体的に何が問題かというと、手数料が高い投資信託が多いのです。手数料が高いと、何が問題なのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

資産運用について本気で考えるなら専門家に相談してみてはいかがだろうか?

2012年1月6日 金曜日
資産運用を始めるときには、お金を出して専門家に相談するという選択肢もあります。
結果的に、この方法を取るほうが低コストですむ場合も少なくなさそうです。

資産運用を考えている人の多くは、自分自身で運用し成果を出そうと考えます。

よほどの金持ちなら全ての資産を一括で運用してもらうと言う選択もあります。
どの程度の金持ちかというと、数十億円とか数百億円単位の資産を持つ人たちです。

手数料の事を考えると、この程度の資産がないと、一括管理を任せるわけにはいかないでしょう。

それ以下の資産しか持たない私達は、基本的に自分自身で運用するしかありません。
具体的には、株を買うなり、投資信託を買うなり、個人年金に入るなりするわけです。

(さらに…)

資産運用では、手数料には徹底的にこだわる

2011年11月28日 月曜日

資産運用をするには、金融商品なり不動産なりを買う必要があります。そして、これらの取引や保有には、それなりのコスト(手数料)がかかります。

実は、この手数料が、投資をする上では大きな要因となります。手数料の大小で、運用結果がかなり違うのです。

(さらに…)

投資信託の保有と売買でどの程度の手数料を取られるの?

2011年11月28日 月曜日

金融商品の手数料は、かなり高くつく事があります。特に、保険とか投資信託のように、商品にする為に多くの人が携わる商品はかなり高い手数料を取られます。

もちろん、その結果、私たちが儲ける事が出来るのなら全く問題はありません。しかし一般的には、手数料の分だけ儲けが小さくなるのが現実です。

ところで、具体的にどの程度の手数料を取られているのでしょうか?

(さらに…)

資産運用を始める前に覚えておきたい9つのポイント

2011年11月14日 月曜日

先ず最初に、資産運用を始めるにあたって意識しておきたいポイントをご紹介しましょう。

これらのポイントを理解しておく事で、資産運用がずっと簡単なものになるはずです。
逆に言うと、こういった原則を理解しないで資産運用を始めるのは大きなマイナスです。

例えば、悪いニュースがあったときに、大きな不安を抱きながら運用する事になるかもしれません。
株価が暴落したときに、投売り同然で株を売る人をニュースなどで見た事があるでしょう。

あるいは、予想外の出来事が起こったときに、上手く対処できないかもしれません。

急にお金が必要になったときに、運用資産を取り崩していいものか、消費者金融から借金をしたらいいのか迷う人もいるはずです。
そして、そんなときに間違った選択をする事になるかもしれませんよね。

(さらに…)