‘個人向け国債’ タグのついている投稿

定期預金や養老保険など、低リスクの金融商品での運用

2017年12月23日 土曜日

最近は、「個人でもリスクを取って、積極的に運用するのが良い」という風潮が強いように思います。しかし、中には、リスクを取ると不安になるから、低リスクの金融商品が良いという人も多いでしょう。

そういう人は、どういう金融商品を買えばいいのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

無知な個人投資家を騙すなんて簡単な事なのかもしれない

2012年4月3日 火曜日

某商社の個人向け社債の発行条件を見てびっくり。こんな条件で買う人がいるのだろうかという内容でした。

個人投資家はなめられているのではないかと言う疑念すら抱きます。

(さらに…)

個人向け国債は意外に大丈夫│ 国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?

2012年3月21日 水曜日

国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?」のページでは、個人向け国債が国債の暴落対策に良いのでは無いかと書きました。でも、国債の暴落対策で個人向け国債って、なんだか変な感じですよね。矛盾しているように思われます。

なぜ、個人向け国債が国債暴落対策になるのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

定期預金は銀行が国債を買う資金を与えているだけ

2012年3月17日 土曜日

メガバンクで定期預金をするのは愚かな行為です。手厳しい言い方で反発を受けるかもしれませんが、事実だから仕方がありません。

なぜ愚かなのでしょうか。定期預金がダメならどうすればいいのでしょうか。チェックしてみましょう。

(さらに…)

3年以内に使う事が確実なお金を貯める

2012年2月24日 金曜日

資産運用の手順」の3番目です。

ここまで、借金を返済し、生活費の3か月分を貯蓄をしています。
その次にすべき事は、3年以内に使うのが確実なまとまったお金を貯める事です。

3年以内に使う事が確実なお金を、現金に近い形で持っておくことで精神的に余裕が生まれます。
使うのが確実なお金が無いというのは、そうとう不安な事ですからね。

ですから、このお金を準備をする前に、リスク資産の運用をする事は、あまりおすすめしません。
2年後に使うのが確実な100万円で株を買ったら、半分になったなんて笑えないですよね。

(さらに…)

個人向け国債の金利の決まり方【変動10年が有利】

2012年2月5日 日曜日

個人向け国債の金利って、どうやって決まっているかご存知ですか?実は、一度、変動10年の金利の決まり方が変更になった事があるのです。

この変更の結果、低金利の時期には有利な金融商品になっています。まあ、国内の全体的な金利が低いので、ちょっとした差ではありますが。

(さらに…)

債券に投資すると言う手もあるけど、気をつける点も多いです

2012年1月21日 土曜日

個人が投資する対象として、債券も候補の一つに挙がってくるでしょう。
債券を買うという行為は、簡単に言うと、国や企業にお金を貸す事です。

正確に言うと、通常の借金とはちょっと違う点もあるのですけどね。

最近は、マネー雑誌などを読んでいると、債券の購入を勧める記事を目にする事も多いです。
銀行預金ではほとんど利息が付きませんから、それよりも利回りが大きい債券は魅力的な商品のようにも思いますね。

さて、この債券は、個人の資産運用に向いている金融商品といえるのでしょうか?
個人的には、債券を直接買うのは難しいと思っています。

(さらに…)

低金利のときに、固定金利の長期国債を買うのは賢くない

2012年1月21日 土曜日

個人が買える金融商品と言われて、まず思い出すのが、銀行預金や株式、投資信託でしょう。それと並んで、貯蓄型の保険を思い出す人もいるかも知れません。

そして、その次くらいに、国債のことを思い出す人もいるのではないでしょうか。国債は比較的小さい額から投資できるので、個人の投資対象としては悪くはありません。

ただ、金利の低い時期には、国債は避けておいたほうが良いかもしれません。

(さらに…)

国債の暴落に備えるなら、個人向け国債がおすすめ??

2012年1月19日 木曜日

世の中には、日本国債が暴落すると煽っている人がいます。それも、かなりたくさん。

現実問題としては、日本国債が暴落する可能性はかなり小さいでしょう。それでも、完全にゼロではありませんけどね。

さて、万が一日本国債が暴落するような事態に備えるには、どんな金融商品を選べば良いのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

個人向け国債で資産運用 そのメリットとデメリット

2012年1月16日 月曜日

元本保証の金融商品の中で、特におすすめできるのが個人向け国債です。率直に言って、定期預金や養老保険などの他の元本保証商品よりも遥かに優れています。

個人向け国債の具体的なメリットは何なのでしょうか。そして、デメリットが有るとしたらどんな点なのでしょうか。

確認してみましょう。

(さらに…)