‘住宅ローン’ タグのついている投稿

「住宅ローンの返済 vs 資産運用」言うまでもなくローン返済を優先すべきです

資産運用に関して多くの人が考えることの一つが、住宅ローンの返済と資産運用のどちらを優先させるかという点でしょう。繰り上げ返済をしてしまった方が有利ではないかという考え方ですね。

この問題に対する答えは、とても簡単です。住宅ローンの金利と、リスクゼロの国債や定期預金の金利を比較します。その結果、住宅ローンの金利の方が高ければ、返済を優先すべきです。

よく、自分は運用が得意だから、株式で運用すればローン金利以上に稼げるという人がいます。でも、リスク資産で運用するのと、確実に金利を取られる住宅ローンを同じ土俵で比較するのは間違いなんですよね。

住宅ローンと比較をするなら、同じく確実に金利を受け取れる、定期預金や国債などであるべきです。

株式の運用で確実に儲けられるなら、転職してファンドマネージャーにでもなった方が良いです。そんなに腕利きだったら、今の仕事よりもかなり稼げると思いますよ。もちろん、自分で自分の資産を運用しても良いですし。

まあ、常識的に考えて、住宅ローン金利が国債や定期預金の金利よりも低い事はありません。ですから、住宅ローンの返済を優先するのが常識的な選択となるわけです。

論理的に考えると、これ以外の結論はありません。手元資金として100万円も残して、さっさと繰り上げ返済をしてしまいましょう。

税制優遇の話が絡んでくるとちょっと難しくなる

ここまではとても単純な話だったのですが、実はこれに税金が絡んでくると、話は少しややこしくなります。住宅ローンを組んでいる方が、税制の優遇が受けられる場合があるのです。

例えば住宅ローン減税(正確には、「住宅借入金等特別控除」)の場合、年末のローン残高の1%が税額控除の対象となります。例えば2000万円のローンが年末に残っていて、一定の条件を満たしていると、20万円の税額控除が受けられるのです。

20万円の税額控除というのは、簡単に言うと、20万円所得税が安くなることですね。所得控除というのもあるので、ややこしいのですが。

ちなみに、この20万円の他に、住民税も安くなります。

このような優遇があるとしたら、借金の返済をするなんてもったいないですよね。資産運用をしつつ、税額控除を受けるというのが、賢い選択になるはずです。

どちらが有利かはケースバイケース

ということで、整理してみましょう。

原則としては住宅ローンは返済してしまう方が良いでしょう。これは住宅ローンの金利と国債などの金利を比較すと明らかです。

ただ、住宅ローンに関して税制の優遇を受けられる場合は、住宅ローンを返さない方が有利な場合もあります。この辺りはケースバイケースなので、じっくり検討する必要がありそうですね。

あと、これに関しては、金融機関に相談してもいいかもしれません。基本的には銀行は信じるなとう立場ですが、これに関しては利害が一致するからです。銀行としては繰り上げ返済なてしてほしくないですし、ローンを借りている側としてはトータルで有利な方が良いですからね。

家を買う事にはどんなリスクがあるのでしょうか?| 大きなリスクがあることを認識しましょう

2016年9月19日 月曜日

持ち家を買うリスクはいくつかあると思うのですが、経済的な点で特に大きいと思うのが「価格変動リスク」「借金をするリスク」「流動性のリスク」あたりでしょうか。このページでは、この3つについてざっくり考えてみましょう。

どんなリスクがあるかを簡単にでも知っているだけで、持ち家購入の検討の役に立つはずです。

(さらに…)

携帯電話の延滞が原因でローン審査に落ちるってどういうこと?

2016年8月14日 日曜日

「実質ゼロ円」の携帯電話の月次料金の滞納が原因で、ローン審査に落ちる場合があるようです。

(さらに…)

借金がある場合は返済する 借金の返済以上の運用は難しい

2012年2月10日 金曜日

資産運用でとにかく大事なことは、最初に借金を返してしまうことです。このルールだけは絶対に守るようにしましょう。今ある借金は返済し、新しい借金はしないことが大事です。

しかし、世の中には、運用のリターンが借金の金利以上にある。借金を返すくらいなら、借金をしたままで現在の資産で運用した方が良いと思う人ともいるようです。

特に住宅ローンですと、1%を割り込むこともあります。確かに、これなら、運用した方が良い気もしますね。

しかし、実は、こういう考え方は、かなり危険です。何が問題なのでしょうか。

(さらに…)

お金が必要なときには運用資産を取り崩す(借金はしない)

2011年11月22日 火曜日

資産運用をしていると、それを取り崩すのが嫌になります。ということは、お金が足りなくなると、運用している資産を取崩のではなく、借金をしてしまうことになります。

でも、これは絶対によくありません。借金をするくらいなら、運用している資産を取り崩すべきなのです。

(さらに…)

借金がある場合は資産運用より返済を

2011年11月14日 月曜日

あるてどの借金がある人が、ある程度のお金を持っているとしましょう。この場合って、借金を返済した方が良いのでしょうか。それとも、借金をそのままに、持っているお金で運用した方が良いのでしょうか。

借金の金利が大きい場合は、どうすればいいかは明らかですよね。それでは、住宅ローンのように金利が低い場合はどうなのでしょうか。

(さらに…)