‘マンション投資、そのメリットとデメリットなど’ タグのついている投稿

マンション投資のデメリット

マンション投資のデメリットはいくつか考えられますが、ここでは2つ指摘しておきましょう。

分散投資がし辛い

マンションに投資する場合は、手持ちの資金のかなりの部分を使う可能性が大きいですよね。そうなると分散投資が出来なくなってしまいます。

長期投資で何よりも大事なのは、分散をすることです。それができないのは、かなり大きな問題といえるでしょうね。

分散投資がし辛いという問題は、大地震の可能性を考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。日本国内ならどこでも、大きな地震でマンションが使えなくなるリスクはありますよね。仮に投資用マンションしか財産が無いとすれば、すべての財産を失う事になってしまいます。

地震保険に入っていれば、ある程度のお金は戻ってくるでしょうけどね。でも、地震保険出戻ってくるのは、せいぜい火災保険の半額です。

もちろん、分散投資ができないために、マンション価格が下落して損をするというリスクも大きいわけです。

ローンを組むのは大きなリスク

マンション投資をして資産運用をしようという人は、銀行などからお金を借りる場合も多いでしょう。でも、個人が大金を借りて資産を運用するのは大きなリスクです。

ちょっと不思議な事なのですが、普段は借金を嫌がる人でも、不動産となると借金をしても大丈夫と思ってしまうようです。これはどういう心理が働いているのでしょうか。

株式投資に信用取引という取引があります。ちょっと大雑把な言い方ですが、お金を借りて株を買うというような仕組みです。

慎重な人なら、こんな取引は絶対にやってはいけないと思いますよね。でも、不動産となると、平気になってしまうのです。堅実なビジネスでもやっている気になるのでしょうか?

デメリットは他にもたくさんある

マンション投資をするデメリットは他にも沢山みつかります。空室のリスクだとか、不動産投資はコスト高であるとか、近所の学校や会社が移転するだとか、不動産は現金化しづらいだとか、枚挙にいとまがありません。

マンション投資のメリットは

それでは、マンション投資のメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

実はこれに関しては、ちょっと困ってしまいました。これというような決定的なメリットが見つからないのです。

メリットに関しても、頑張って2つ挙げてみましょう。

レバレッジがきく

敢えて挙げると、ローンを組んでマンションを買う事で、レバレッジがきくというメリットがあるでしょうか。レバレッジというのは、実際の運用資金以上の投資効果があるという意味です。

例えば、500万円しか手持ちがなくても、1,500万円を借りてくれば、2,000万円の物件に投資できますよね。500万円の物件と2,000万円の物件では、当然ですが2,000万円の物件の方が賃料が大きいでしょう。こういうのをレバレッジを掛けるといいます。

ただ、レバレッジを掛けるという事は、お金を借りるという事です。お金を借りるのは当然リスクです。

個人がそこまでリスクを取っても良いのかは、慎重に考えてください。借金をして株を買うのと、大差がない行為ですからね。

相続税対策になる

もう一つのメリットは、マンションは相続税対策に使えるという点です。

マンションの建物部分に関しては、相続税の評価額は固定資産税評価額と一致します。固定資産税評価額は実際のマンションの時価よりも小さいことが多いので、相続した財産が小さいとみなされるわけです。結果節税をすることが出来ます。

さらに、賃貸用のマンションの場合はそこから評価額が3割減らされます。という事とは、本来のマンションの建物の価値の4割程度のがくと評価されるわけです。まあ、ケースバイケースですが。

土地に関しても、マンションの相続税の課税評価額は実際の価格よりも小さくなります。ですから、相続税対策としては不動産は十分に検討の余地があるという事です。

この辺りは素人にはちょっと難しいので、相続対策でマンションを買う場合は専門家に相談することをお勧めします。

REIT で良いんじゃないの?

相続税対策として投資用マンションを利用する場合を除くと、率直に言って、マンションを自分で買って投資するというのはあまりお勧めできません。メリットよりもデメリットの方が、圧倒的に大きい気がするんですよね。

それだったら、REIT でも買う方が良いのではないかと思います。REIT というのは、上場型の不動産投資信託ですね。複数のビルを買って賃貸収入を得て、投資家に分配するというようなモデルです。

REIT を使えば、比較的簡単に分散投資が出来ます。また、REIT はお金を借りて不動産を買っているので、レバレッジもきいています。つまり、自分でお金を借りてマンションを買うよりも、リスクが小さいわけですね。そのかわり、リターンはそれ程変わらないはずです。

ちなみに、これを書いている時点のREIT の分配金利回りは、3%台から6%台程度ですそんなに悪くないと思うんですけどね。REIT なら現金化も簡単ですし。

儲かるはずの不動産投資をする企業が少ないのは何故?| 結局、マンション投資なんてたいして有利じゃないと考えるほうが自然

2016年4月21日 木曜日

世の中には、「老後の年金として不動産投資をしよう」というような趣旨の本が、たくさん売られています。こういった本が書店に並んでいる事から、素人でも出来る非常に有利な投資のような印象を持っている人もいるでしょう。

でも、冷静に考えると、ちょっと変だと思いませんか?不動産投資がそんなに儲かるのなら、企業はもっと積極的に投資をするはずですよね。

(さらに…)

不動産投資ではレバレッジをかける事も出来る| 小さい手元資金で大もうけ出来る可能性も

2016年4月20日 水曜日

不動産投資の特徴の一つは、レバレッジをかけた投資がしやすいという点にあるでしょう。レバレッジをかけるというのは、簡単に言うと、借金をして投資が出来るという意味ですね。

(さらに…)

いくら持っていれば不動産投資はできるのか?| ゼロ円でも不動産に投資できる可能性も

2016年4月12日 火曜日

投資の基本は、「今手元にあるお金を何倍かに増やす」ということです。これは株式投資でも不動産投資でもその他の投資でも変わりません。

ということは、手元にあるお金が大きければ、投資では有利ということになります。

(さらに…)

1LDKが3,000万円って高すぎないか?| グローベル川崎ミッドスクエア

2016年4月6日 水曜日

JR川崎駅から徒歩7分のところに、グローベル川崎ミッドスクエアというマンションが建ったようです。東海道線や京浜東北線、南武線、京浜急行などが利用できるターミナル駅ですから、交通の便としては非常に優れた立地といえるでしょう。

その一方で、川崎の南部という土地柄もあり、街の雰囲気という意味では気になる人も居るのかも知れません。まあ、人が多い場所に建つマンションでは、川崎に限らず気になるポイントでしょうけどね。

(さらに…)

マンション投資セミナーや投資マンション販売会社のセールストークには気をつけましょう

2016年3月29日 火曜日

マンションの仲介会社や販売会社の仕事は、当然ですが、マンションを売ることです。

ということは、投資物件としてマンションを売りたい場合は、マンション投資が有利思わせないといけないわけですね。儲かると思わなければ、誰も投資用マンションなんて買ったりはしませんから。

(さらに…)

不動産関係者は不動産投資を有利に見せたがる| 商売ですから当然ですが注意は必要です

2016年3月26日 土曜日

ネットでたまたま見つけた不動産会社のサイトに、新築マンションへの投資を勧めるページがありました。具体的な内容は、大体次のような感じです。

(さらに…)

不動産投資というのは儲かるのか?| 気づきにくいコストや将来発生する費用を考えると思っているほどは儲からない

2016年3月24日 木曜日

不動産に投資を検討するときに、特に気になるものの一つが、どの程度儲かるかという点でしょう。

不動産投資にはリスクがありますから、それなりに儲からないと投資をする気にはならないですよね。というか、そもそも儲けるためにやるものですから、ここ気になるのは当然です。

(さらに…)

住宅を長く使えるようにという思想自体には共感しますけどね

2012年3月1日 木曜日

国交省は優良な中古住宅に対する優遇税制を考えているようです。
新築住宅で行われている事を、中古住宅にも拡大していくようですね。

日本では住宅の耐用年数が短すぎるといわれています。
具体的に言うと、木造戸建ての場合、耐用年数はおよそ30年前後と考えられます。

30年というと、長めのローンの期間と同程度でしょう。
という事は、住宅ローンを組んで住宅を買っても、返済し終わったころには資産価値が無くなっているということです。

つまりローンを組んで戸建て住宅を買っても、土地は別として、住宅自体には資産価値は残らないのです。
ですから、耐用年数を延ばすような工夫は、意味があることでしょう。

(さらに…)

お部屋を自由に改装できる賃貸カスタマイズ 良い面も悪い面も有るけど選択肢が増えるという意味ではあってもいいかな

2012年2月6日 月曜日

最近、賃貸住宅にもかかわらず、内装を自由にいじれる物件が増えてきたのだそうです。
「賃貸カスタマイズ」と言うのだとか。

これは借り手からすれば、うれしい話ですよね。
賃貸住宅というと、釘を打つ事すら気を使ったりしますから。

部屋を自由にいじるのは、持ち家の人の特権でした。
それが賃貸でも可能になると言うのは、やっぱりうれしい事でしょう。

貸し手としても、借り手が付かなくなった古い物件を貸す方法としては、意味があるのかもしれません。
古い物件でも、自由にいじれるのなら借りてみようという人はいそうですよね。

(さらに…)

これからマンションに投資するなら、1LDKとか1DKが良いのかな?

2012年2月4日 土曜日

投資用のマンションと言うと、学生向けのワンルームマンションを思い浮かべる人が多いのでは無いでしょうか。でも、その傾向が変わってきているのかもしれません。

最近は、もうちょっと広い物件を選ぶ人が増えているようですね。1DK から2LDK くらいの物件が売れているようです。

(さらに…)