‘ゆうちょ銀行で投資/ゆうちょ銀行に投資’ タグのついている投稿

ゆうちょ銀行が扱う金融商品で投資

ゆうちょ銀行でも資産運用に向いた金融商品は扱われています。具体的には、「投資信託」「変額年金保険」「確定拠出年金」「国債」の取扱いがあるようです。

確定拠出年金はちょっと特殊ですし、国債に関してはどこで買っても同じなので、それ以外の2つについて考えてみましょう。これらの金融商品を使って、どれだけ投資ができるのでしょうか。

投資信託の品ぞろえは一見良さそうに見えるが

まず、投資信託から。ゆうちょ銀行が取り扱う投資信託は2017年12月時点で111本の投資信託の取扱いがあるようです。数としてはまずまずといった感じですね。

手数料の安いインデックスファンドもそろっているので、一見したところ品ぞろえとしては十分なような気がします。でも、よくよく調べてみると、かなり微妙な状況のような気がします。

何が問題かというと、手数料(信託報酬)が安いインデックスファンドは、ネットでしか買えないものが多いのです。店頭で買えるインデックスファンドもあるのですが、ネットでしか買えないものと比べて高めの信託報酬が設定されています。

手数料の安いインデックスファンドを店頭で売ると、採算が合わないのでしょうか。何にしても、ちょっちやな感じがしました。ゆうちょ銀行で投資信託を買ってはいけないとは言いませんが、どこを向いて仕事をしているのかはちょっと疑問が残ります。

変額年金保険はそもそもダメ

変額年金保険で投資ができないわけではありません。ただ、個人的には、あまりおすすめできません。

何が良くないかというと、保険を使った商品は手数料が見えにくくなっているのです。手数料が分からないので評価がし辛いため、積極的に勧める気になれません。

しかも、過去に保険の手数料を概算してみた経験から、保険の手数料はかなり割高な事が多いのです。ですから何か特別なメリットがなければ、保険での運用を特に選ぶ必要は無さそうです。

その意味では、手数料がある程度明確になっている投資信託の方が、はるかに勧めやすい商品です。年金保険というだけで、避けた方が良い商品だと考えた方が良いでしょう。

あと、もう一つ気になるのが、変額年金保険といいつつ実態は外貨建て年金だという点です。為替リスクを取りたいのなら、手数料が明確な投資信託の方が良いのではと思ってしまいます。

ゆうちょ銀行での資産運用はちょっと微妙かなあ

こうやって見てみると、ゆうちょ銀行での投資はちょっと微妙かなあという感じが強いですね。ゆうちょ銀行に口座を持っている人なら、ゆうちょ銀行で資産運用と考える気持ちも分からなくはありませんけどね。

ゆうちょ銀行の株式に投資するという手もある

ここまではゆうちょ銀行で投資するという話でした。しかし、ゆうちょ銀行に投資するという事も可能ですよね。ゆうちょ銀行は上場しているわけですから、その株を買う事もできます。

率直に言って、これまでのところ、ゆうちょ銀行の株で儲けるといっても、上場以来チャンスはあまりありませんでした。IPO で買って早い段階で売るか、2016年の前半に買って、2017年に売るくらいでしょうか。ただ、

どちらも、たいした儲けにはなりません。TOPIX か日経平均に連動するETF かインデックスファンドを買った方がマシなレベルです。

もっとも、今後はどうなるかは分かりませんけどね。

郵政3社の株式を買った人たちは、その後儲けられたのか?

2017年4月6日 木曜日

郵便局で勧められて定額貯金を解約して郵政3社の株を買った人たちは、その後儲ける事が出来たのでしょうか。実は、悲惨とまでは言いませんが、かなり残念な未来が待っていたようです。

そして、大事なのはこれからです。うっかり買ってしまった郵政3社の株は持ち続けるのが良いのでしょうか?

(さらに…)

郵政株買ったヤツ、息してるか?| やっぱりIPO直後に売っておくのが正解でした

2016年2月15日 月曜日

3ヶ月ほど前に上場された郵政3社ですが、その後の株価はどうなっているのでしょうか。気になったので、ちょっとチェックしてみました。

結論から書いてしまうと、3社とも見事に大幅下落していました。本当に3つとも、かなり大きく下がっています。

(さらに…)