このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

債券への投資は個人投資家には向かない

最近は、債券に投資する個人投資家も増えているようです。これにはいくつかの要因が考えられそうです。

投資環境が整備されたのがもっとも大きいでしょうか。100万円以下で買える国内債券も増えましたし、外債も買いやすくなりました。また円建ての場合、償還まで持てば元本保証というのも投資しやすい要因でしょう。預貯金と近いイメージで投資をすることが出来ます。

個人投資家にはあまり向いていない

しかし、債券への投資が個人投資家に向いているかといわれると、かなり疑問があります。債券は個人投資家にはかなり難しいのです。専門的な知識を持っていないと、投資すべき債券とそうではない債券の区別は難しいのです。

そもそも個人投資家には、あまり有利な債券はまわってこないということもあります。100万円程度の細かい額を出す投資家に売るよりも、億単位で買ってくれる機関投資家に売る方が、コストはかからないですよね。そうであれば、有利な債券は機関投資家に買い占められてしまうのです。個人に回ってくるのは、はずれの債券ということになります。

これは株式投資やETF などと大きな違いですね。大口だと多少手数料は有利でしょうが、それ以外は特に大口だから有利ということはありません。株主優待は小口の方が有利なことも多いので、逆に個人の方が得かもしれません。

ということで、基本的には債券は個人投資家に向いていないと考えておきましょう。債券の中で個人が投資するのに向いているのは、一部に限られます。ほとんどの債券は、投資する価値がありません。

一見有利そうな債券でも実は不利なことも

一見良さそうな債券でも、よくよく調べてみると別段有利ではないというケースも多いです。最近は個人に買わせるために、なんとなく有利なような工作がされていることも多いです。

例えばデリバティブの手法を使った、仕組債と呼ばれる債券はあります。これらの債券は、一見すると非常に有利なように設計されています。見た目の利率が良いのです。

しかし、本当に有利かと言われると、そうではないことが多いようです。確率的に考えると、投資家に不利になっているものがほとんどと言われています。そもそも、投資家に大幅に有利な商品を、売り手だって積極的に売ったりしないはずですよね。投資家に有利な商品は、金融商品を売る側からすると不利ですから。

10年物の個人向け国債は投資しても良いと思います

ただ、全く利用価値が無いかというと、そんなこともありません。例えば、10年物の個人向け国債などは、十分に利用価値があるでしょう。銀行預金にするくらいだったら、個人向け国債を使うのは、意味がある選択だと思います。

ちなみに、10年物以外の個人向け国債は、あまりおすすめできません。10年より短い期間運用する場合でも、10年物を買っておいて途中で売却するのが良いでしょう。


個人投資家の債券投資| 賢い選択なのか?

個人投資家が債券に投資するなら、ネット証券が便利!

大手のネット証券なら、個人向け国債から高金利の外国債券まで購入する事ができます。さらには、ちょっとリスクが高い商品も購入可能です。債券の投資に興味を持っているなら、チェックしてみましょう。ちなみに、お勧めは、SBI証券です。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。