このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

個人投資家に人気なのは武田薬品、三菱商事| @SBI証券

武田薬品と三菱商事が個人投資家に人気なようです。

この結果は、個人的にちょっと意外でした。興味がある人は、チェックしてみても良いかもしれません。

2014年1月からNISA がスタートしました。それに関して、面白い記事を見つけました。SBI証券のNISA 口座での株式の売買ランキングに関する記事です。1

何が面白かったかというと、その順位がちょっと意外だったのです。時価総額のランキングでそれほど上位ではない会社の株が、意外に上位に入っていたりするのです。2

具体的には、武田薬品と三菱商事がトップ5に入っていたのが驚きでした。正確には、武田薬品が第1位、三菱商事が第5位ですね。

もちろんこの両社は、日本国内の水準ではかなりの大企業です。でも、時価総額で見ると、武田薬品が第18位で三菱商事が第21位と、ともに20位前後の順位なんですよね。つまり、時価総額からすると、SBI証券のNISA 口座では人気を得ているわけです。

何でこういう結果になったのでしょうか?

このような結果になったのには、2つくらいの可能性が考えられそうです。

一つはこの2社が個人投資家に特に人気の銘柄である可能性です。機関投資家にはあまり人気が無くても、個人投資家には人気の銘柄と言うのはありますからね。

この可能性は否定できないでしょう。

もう一つ考えられるのが、何かの理由でこの2社に注目が集まっている可能性です。ただ、これに関してはちょっと違いそうですね。というのも、この両社の株価をチェックしてみましたが、ほぼ横ばいでした。

実際に過去2年のチャートで確認してみましょう。4502が武田薬品で、8058が三菱商事です。

90

アベノミクスでTOPIX が上昇しているのに比べて、この両社の株価は上がっていないのが分かります。特に三菱商事は、完全に乗り遅れた感じですね。ということは、ポジティブな大きなニュースがあったということでもなさそうです。

敢えて理由を挙げると、出遅れていたから買われたって感じなのかなあ。でも、よくわかりませんね。

興味がある人は調べてみてください

買い付けランキング上位という事は、個人投資家に興味をもたれたのは事実です。このページではこれ以上詳しく追求をしませんが、興味がある人はチェックをしてみても良いでしょう。

意外と良いヒントなのかもしれません。


  1. ■ 速報! 「NISA口座」買付ランキング、国内株式1位は武田薬品–SBI証券(マイナビニュース)2014年1月16日 []
  2. 時価総額は「株価×発行済み株式数」であらわされる数字です。この数字は会社の金銭的な価値だと考えられています。 []

株式投資をするなら、どの証券会社を選ぶ?

株式投資を考えている人には、SBI証券かGMOクリック証券がおすすめです。

個別株の売買や、ETF での運用を考えているのなら、手数料が安いGMOクリック証券を選ぶと良いでしょう。

投資信託を使って株式投資をするのであれば、SBI証券をおすすめします。取り扱っている投資信託の本数が多く、積立ての機能も充実しているのです。また、顧客満足度が高いことでも知られています。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。