このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

日経平均1万1,000円回復記念の余談│ 民主党政権のことを思い出したら、株価が上がらなかったのも納得できました

日経平均株価指数が1万1,000円を超えたそうなので、ちょっと記事に残しておきます。

まあ株価が上がったからと言って別段新しいこともありません。過去を簡単に振り返る感じでまとめてみましょう。

前に日経平均が1万1,000円だったのは鳩山政権のとき

さて、何でも、日経平均が1万1,000円を超えたのは、2年9ヶ月ぶりなのだそうです。ずいぶん長いこと低迷していたのですね。

2年9ヶ月前というと、民主党政権の初期のころです。ちょうど、普天間の移設問題で最低でも県外とか腹案があるとか言っていた時期でしょう。それからずっとですから、民主党政権下では継続して株価が低迷したままだったということですね。

前の前の衆院選のころは、民主党が政権をとれば株価は回復するなんていってましたよね。確か。そういう発言に対する反省の弁は未だに聞かれないのですけどね。このまま、しらばっくれるつもりなのかな。まあ、民主党自体が存続できるのか、怪しいところもありますけど。

確かに、民主党政権にも不運なところはありました。ギリシアをはじめ、ヨーロッパ経済がバタバタしていた時期と重なりますからね。そういう出来事が重しになったのはあるのでしょう。でも、アメリカの株価はその間もちゃんと上げていましたからね。言い訳にならないでしょう。

民主党の経済政策については、いずれ経済学者や政治学者がが総括することでしょう。でも、当時マーケットから言われていたように、稚拙なものだったような気はしますね。増税をすれば景気が良くなるなんて言っていた人すらいましたから。

素人目に見ても経済音痴に見える方々が、重要なポストについていた印象です。菅直人財務大臣なんて、悪い冗談だと思いましたからね。そういえば彼は、大学初年度向けの経済学の教科書を、財務相就任後に読むということもおっしゃっていましたね。しかも国際社会に向けて。

まあ、株価が上がらないわけです。

2割は上がったと考えていいでしょう

さて、第2次安倍内閣が発足して1ヶ月あまり経ちます。この間に、1ドルは91円まで下がり、日経平均も1万1,000円を超えました。

ここ3ヶ月くらいで見ると、日経平均は2割以上上がっています。内閣発足前から期待で株価は上がり始めていましたから、このくらいは安部政権の手柄と考えていいのでしょう。どのあたりから新政権への期待を反映したものなのか、正確には分かりにくいですけど。

株価にしろ為替にしろ、これだけ大きく動いたら、かなり儲けた人がいるでしょうね。同時に、かなり損をした人もいるとは思います。特に為替では。

今後の株価なんて誰にも分かりません

さて、気になるのはこれからです。ただ私は予想屋ではないので、今後の株価の動向なんて分かりません。まあ、テレビなどで株価予想をする人も、分かったような事を言っているだけでしょうけどね。株価の将来なんて、予想できないものですから。本当に予想ができるなら、彼らはとっくに大金持ちになっています。

一ついえるのは、安部政権の施策が期待通り、あるいは期待以上に成功すれば、株価が上がる可能性が高いということでしょう。逆に、期待値を下回れば、下がる可能性が高いです。

ですから、世間が思っている以上に安部政権の経済政策がうまくいくと思っているのなら、株なり投信なりを買えばいいでしょう。そうでないと思うのなら、先物でも使って売ればいいわけです。

まあ、株価に関しては、色々な要素が絡みますから、単純に言い切れないところもありますけどね。経済政策がうまくいっても、材料が出尽くしたと思えば下がることもありますし。外国の影響もあります。難しいところではありますね。

まあ、なんにしても、投資は自己責任でお願いします。

株式投資をするなら、どの証券会社を選ぶ?

株式投資を考えている人には、SBI証券かGMOクリック証券がおすすめです。

個別株の売買や、ETF での運用を考えているのなら、手数料が安いGMOクリック証券を選ぶと良いでしょう。

投資信託を使って株式投資をするのであれば、SBI証券をおすすめします。取り扱っている投資信託の本数が多く、積立ての機能も充実しているのです。また、顧客満足度が高いことでも知られています。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。