このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

投信積立の銀行引き落としが可能に│ SBI証券

個人が中長期で資産運用をすることを考えたとき、投資信託の積立ては非常に便利です。積立てなら元手がなくても、いきなりリスク資産での運用ができるからです。また、確実にお金を貯めるという意味でも、積立ては優れた方法です。

しかしながら以前は、ネット証券での投資信託の積立てには、一つ大きな問題がありました。証券会社の口座にお金がないと、積み立てることができなかったのです。銀行口座から自動引落で積み立てるというようなことができなかったわけですね。

しかし、この状況もだいぶ変わってきています。SBI証券などでは、かなり使いやすくなっているようですね。

SBI証券で投信積立の銀行引き落としを開始(2012年)

SBI証券からお知らせメールが届きました。そのメールによると、投資信託の積立が便利になると言う事です。具体的に何が便利になったかというと、積立の資金を銀行から自動引き落としできるようになったようですね。

これまでは、SBI証券の口座に予めお金を振り込んでおくか、住信SBIネット銀行を使った引き落としくらいしか方法がありませんでした。投資信託の積立機能が、かなり使いやすくなったと言って良いでしょう。

何で今頃なのかという疑問はあります

正直に言って、わざわざSBI証券の口座にお金を移すのなら、積み立てをするメリットなんてありませんよね。普通に投資信託を買えばいいだけですから。

ですから今回の変更は、かなりのサービスの改善だと言えるでしょう。

はっきり言って、銀行引き落としなんて、今の時代なら出来て当然のサービスのように思えます。これまで出来なかったのが不思議ですけどね。

住信SBIネット銀行の口座数を増やす方が優先されたのでしょうか?それとも何か他の理由があったのでしょうか?まあ、改善されるわけですから、良しとしましょう。

いちおう、実際のメールの内容も紹介しておきます。

SBI証券の投信積立代金が毎月銀行から引落とせるようになりました。自動引落の手数料はもちろん無料!!当サービスをお申込いただければ、証券口座へのご入金のお手間が不要となり、投信積立がいっそうご利用いただきやすくなります!

その他の特徴

さらに便利な事に、引き落としの申し込むはネット上で完了できるようです。

用紙を郵送して、判子を押してとなるとかなり面倒ですよね。時間も結構かかりますし。そういう作業が不要なのは、かなりうれしいですね。

ちなみに、引き落としが可能なのは、全ての銀行と言うわけにはいかないようです。メガバンクや主要な地銀や信用金庫はカバーしているようですけどね。ネット銀行などの利用は難しいようです。ゆうちょ銀行も対応していないようですね。まあ、ゆうちょ銀行は、まだちょっと特殊ですからね。1

また、引き落とし日は毎月14日か27日のどちらかから選べるようです。給料日を考慮した設定と言う事でしょうか。

迷わずSBI証券で良さそう

入金手続きが不便な事を除けば、投資信託の積立サービスは、SBI証券が一番充実していました。選べる投信も多かったですし、月々500円から積立可能と言うのも魅力的でした。サイトの使い勝手も良いですしね。

今回最大の問題が取り除かれたので、投信積立に関しては、間違いなく一番おすすめできる証券会社になったように思います。投信の積立を始めるなら、SBI証券をご利用ください。

2017年12月追記:銀行引き落としに対応しているネット証券が増えてきました

最初にこの記事を書いたころから5年がたち、他のネット証券でも投資信託の積立サービスは改善しているようです。銀行引き落としに関しても、かなり対応状況が良くなっています。

SBI証券ではほとんどの銀行や信用金庫から引き落としができるようになっています。楽天証券もSBI証券と同様で、ほとんどの銀行や信用金庫が対応しているようですね。

とは言え、金融機関によって差はあるようですね。カブドットコム証券も銀行引き落としに対応しいますが、
「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」「スルガ銀行」「大垣共立銀行」だけです。

こうやって考えると、SBI証券の優位は揺らいでいない感じでしょうか。まあ、投資信託の積立だけなら、楽天証券でも良いのでしょうけどね。総合力で評価すると、やっぱりSBI証券が有利でしょう。他の取扱商品も多いですし、顧客満足度が高いですからね。


  1. 2017年12月追記:引き落とし可能な銀行はかなり増えているようです。現在では、対応していな銀行や信用金庫は数えるほどしかありません。 []

ネット証券を一つ選ぶならどこ?

多少淘汰されたとは言え、今現在、かなりの数のネット証券があります。また、大手の証券会社でもネットを使った取引が可能な事が多いです。さて、数あるネット証券の中で、一体とこを選ぶのが良いのでしょうか。率直に言って、ちょっと迷う人が多いのでは無いかと思います。

個人的にお勧めなのは、SBI証券です。手数料が比較的安い上に、顧客満足度が高いのがその理由です。投資信託などの品揃えも豊富なので、とりあえず無難な証券会社でもあります。


また、株式投資をしたいということなら、GMOクリック証券をおすすめします。大手の中では、株式売買の手数料が圧倒的に安い証券会社です。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。