このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

イオンがREIT に参入│ ん、これ大丈夫?投資法人は投資家の利益を優先してくれるの?

週末に、イオンが不動産投資信託に参入するというニュースがありました。
遅ればせながら、記事をチェックしてみました。

ちなみに、不動産投資信託というのは、名前の通り投資信託の一種です。
マンションやオフィスビルなどの不動産を購入し、それを貸して収益を得るというビジネスです。

この投資信託は株式市場に上場されるので、投資家は市場を通して投資信託を売買します。
また、利益がでれば投資家は分配金を受け取れます。

この説明からも分かるように、不動産を貸して収益を上げる会社の株を買うようなイメージで理解すると、分かりやすいと思います。

イオンの不動産を購入する予定らしい

さて、ロイターの記事によると、運用する不動産はイオンから購入するということです。1

投資家からお金を集めイオンの物件を買い取ります。
それをイオンに貸す形にして、賃料を得るわけです。

まあ、将来は、他の物件も取得するのかも知れないですけどね。
とりあえず、スタートはそういうことのようです。

でも、これって、ちょっと変ですよね。

イオンが主体になって設立する法人がイオンの所有する不動産を買い取るわけです。
イオンにとって都合の良い不動産の売却先になるだけという気もします。

こんなふうな設立の仕方で、物件の査定が客観的に出来るのでしょうか?
投資家に不利益がありそうで、ちょっと嫌な感じです。

イオンの資金調達や不動産の切り離しに、都合よく利用されるだけのような気も。

何にしても正式決定を待ちましょう

何にしても、イオンによると、正式決定はまだのようです。
詳細がどうなるかは、もう少し待たないといけなそうですね。

補足:イオンのREITのその後

イオンのリートに関して、その後どうなったかを調べてみました。イオンリート法人として上場しているようです。


  1. イオンが不動産投資信託設立を検討、保有不動産を活用し資金調達 []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。