このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

なんちゃってインフレ・ターゲットも一定の効果があったのか?

最近、1ドル80円台の円安になり、日経平均も上昇しています。
マーケットがらみでは暗いニュースが多かったですから、久々の明るいニュースと言えそうです。

ところで、今回の円安と株高は、日銀がきっかけになっているのは間違いないでしょう。
株価も為替も、2月14日の金融政策決定会合を機にあがっているように見えます。

為替の推移

株価の推移

結構大きい動きでしたから、株式投資でもFXでも影響があった人も多いでしょう。

ちなみにこの金融政策決定会合では、2つの事が発表されています。1
一つは、資産買い入れのための基金の増額です。

そして、もう一つが、物価上昇の「めど」について初めて言及した事です。

当面は消費者物価の前年比上昇率で1%めどとする

個人的には、インフレの「めど」というのは、不十分なものだと思いました。

「目標」ではなく「めど」という表現を使ったところに、逃げ道を作っている感じがします。
「めど」だから達成できなくても責任は無いという、言い逃れを考えているように思えます。

少なくとも、一般的に使われているのと違う表現をわざわざ持ち出すのには、何かの理由があるのでしょう。

それに、1%というのは、ちょっと小さすぎるように感じました。

それでも、その後の株価の上昇と円安を見ていると、一定の効果があったのは間違いありません。
資産買い入れの増額だけで、これだけドラスティックに市場が反応するとは思えませんから。

結果だけ見ると、財務省による為替介入よりもはるかに効果がありました。
というか、為替介入はかなりの規模だったのに、ほとんど効果がありませんでしたからね。

まあ、単独介入の効果が限定的なのは、よく知られていることですけど。

この結果は、一部の人が指摘するように、現在の円安は日銀の怠慢だと言うのを裏付けることになったのかもしれません。
すなわち、日銀が通貨の供給を増やせば、円安いになると言う指摘です。

これに対して、今後さまざまな反応が見られるのでしょうね。
特に、日銀への風当たりは厳しくなるかもしれません。

  1. 日銀、事実上のインフレ目標1% 10兆円の追加緩和決定 []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。