このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

家を買ってはいけない理由を全て「論破」って 2ちゃんねるか!

最初に書いておきますが、以下の文章は不動産購入の参考になりません。
たまたま読んだ不動産関連の記事に、突っ込みを入れているだけです。

マンションや住宅購入の参考として読んでいる方がいらっしゃいましたら別のページをご覧ください。
まじめに検討している人には、時間の無駄ですから。

ただ、専門家と称する人の意見でも、鵜呑みにしてはいけないという勉強にはなると思いますけどね。
コンサルタントは、自分がコンサルタントと名乗れば成れる職業です。

さて、持ち家にするか賃貸にするかというのは、個人の資産運用の観点から大きな問題の一つです。
家を持っているかどうかで、人生設計が大きく違うからです。

個人的には、安い中古マンションを買うのがいいのではないかと思っています。
そして、必要と経済的な余裕があれば、大きいところに移っていくというスタイルをとります。

もっとも、住宅購入は人生観だとか経済状況だとかにもよります。
常に万人に当てはまる、これと言った答えは見つけにくいものです。

さて、記事の中のコンサルタントによると、今は持ち家を買ってはいけない状況なのだそうです。
持ち家派の言い分を、一刀両断に「論破」しています。

■ 「家を買う8つの理由」を『自宅を買うな』著者がすべて論破
http://www.news-postseven.com/archives/20120226_89771.html

あ、一応断っておきますが、この記事の内容は信じないでくださいね。
「論破」には程遠い、中途半端な内容です。

何の参考にもならないのですが、「論破」という表現が面白くて、つい引用してしまいました。
2ちゃんねるを見ているようで。

この方の言い分を信じてはいけない最大の理由は、この人がマンションオーナーだという事です。
しかも、複数の物件を持ち、人に貸しているようです。

自分用に不動産を買うのはダメで、人に貸すために買うのは良いなんて、全く合理性を欠く話です。
一般的には人に貸す前に、持ち家としての購入を考えるべきでしょう。

入居者確保のコストだとか、家賃支払の確実性だとか、ローンの組みやすさだとか、税制を比較して考えてたそういう結論に至るはずです。

また、彼が記事の中で持ち家は得ではないと書いている部分のほとんどは、賃貸用の住宅を買うのは得ではないと読みかえられます。
だったら、彼はなぜ賃貸用の住宅を持っているのでしょう?

こんなメチャクチャな話はありませんよね。
自分でマンションを買わないで、私が経営するマンションに入ってくださいという事なのでしょうか?

ちょっとあきれました。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。