このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

お部屋を自由に改装できる賃貸カスタマイズ 良い面も悪い面も有るけど選択肢が増えるという意味ではあってもいいかな

最近、賃貸住宅にもかかわらず、内装を自由にいじれる物件が増えてきたのだそうです。
「賃貸カスタマイズ」と言うのだとか。

これは借り手からすれば、うれしい話ですよね。
賃貸住宅というと、釘を打つ事すら気を使ったりしますから。

部屋を自由にいじるのは、持ち家の人の特権でした。
それが賃貸でも可能になると言うのは、やっぱりうれしい事でしょう。

貸し手としても、借り手が付かなくなった古い物件を貸す方法としては、意味があるのかもしれません。
古い物件でも、自由にいじれるのなら借りてみようという人はいそうですよね。

ちなみに、これらの物件に関しては、改造する箇所さえ決めておけば、原状回復の義務は無いような契約になっているようです。

■ 改造OK!「賃貸カスタマイズ」増加
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20120202-00022653-r25&c=06

トラブルの可能性は否定できない

記事だけ読んでいると、貸し手も借り手もハッピーなすばらしい契約のようにも見えます。
でも、貸す側からすると、多少の不安は感じないではありません。

「想定以上のことをやられたらどうしよう」という不安はどうしても残りますよね。
ですから、契約書を作るときには、相当慎重に考えないといけないでしょう。

何年かたつと、具体的なトラブルがニュースになりそうな気がします。
仮に契約書を作っていても、その解釈には幅があるものですしね。

良い事を思いついた

このシステムに関して、ちょっと良いことを思いつきました。

競売物件を使うと、このシステムはより有効に使えそうです。
競売に限らず、中古の不動産全般かな。

中古物件に投資する場合、住宅を取得し内装をリフォームしてから賃貸に出すのが一般的です。
どうしても、不動産の取得費用にプラスして100万円とか200万円の支出は必要になります。

でも、カスタマイズOKとしておけば、リフォームしないで貸し出す事も可能かもしれません。
初期費用を抑えられる可能性は高そうですね。

どの程度実現性があるのかはわかりませんが、検討してみる余地はあるのかもしれません。
特に、競売物件や、古い中古マンションなどではメリットが大きそうです。

不動産投資に興味がある人は、検討してみてください。

長期間借りてくれる可能性が高そう

あと、賃貸カスタマイズが出来る物権だと、借り手が長い期間借りてくれるかも知れませんね。
自分で時間をかけて改造した物件から、すぐに出て行こうとは思わないはずですから。

1年とか2年で出ていかれて、頻繁に募集をかけるよりは、長い間すんでくれたほうが遥かにいいはずです。
その意味でも、ある程度のカスタマイズを許可すると言うのは、合理的なのかもしれません。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。