このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

東京市場で円高、債券高がすすむ| 消費税延期で国債は暴落するんじゃなかったのか?

2016年7月6日:
東京市場では円高・株安・債券高が進行したそうです。1

ちなみに、ロイターの記事によると、「円債市場では、逃避マネーが安全な日本国債に流入」したのが原因だとか。欧州の不安から円が買われ、株安・債券高につながっているというわけですね。

ちなみに、30年国債でさえ利回りは一時、0.015%という年利まで下がっています。これだけの超長期の国債を買っても、ほとんど金利がつかないということですね。

内閣が消費税の延期を決めたときに、例によって国債暴落を叫ぶエコノミストが一定数いました。彼らはこの状況をどうやって説明するのでしょうか。

円高、債券高が進んでいるということは、市場参加者はエコノミストの暴落予想を相手にしていないということですよね。完全に逆の動きです。もう、本当に、狼少年のようです。


  1. ドル100円台・日経平均400円超の下げ、欧州不安背景に日本国債急騰
    ロイター 2016年7月6日 []

個人投資家が債券に投資するなら、ネット証券が便利!

大手のネット証券なら、個人向け国債から高金利の外国債券まで購入する事ができます。さらには、ちょっとリスクが高い商品も購入可能です。債券の投資に興味を持っているなら、チェックしてみましょう。ちなみに、お勧めは、SBI証券です。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。