このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

儲かるはずの不動産投資をする企業が少ないのは何故?| 結局、マンション投資なんてたいして有利じゃないと考えるほうが自然

世の中には、「老後の年金として不動産投資をしよう」というような趣旨の本が、たくさん売られています。こういった本が書店に並んでいる事から、素人でも出来る非常に有利な投資のような印象を持っている人もいるでしょう。

でも、冷静に考えると、ちょっと変だと思いませんか?不動産投資がそんなに儲かるのなら、企業はもっと積極的に投資をするはずですよね。

儲かるなら企業が買いあさるはず

投資可能なマンションなんて、文字通りゴロゴロあるわけです。なのに、そういった物件を持っている企業は多くありません。

街の不動産屋がやっているのも、あくまで仲介業務ですよね。自分たちが持っている物件を貸しているわけではありません。

一応自分たちが所有する物件を貸す事もありますが、割合としては少ないです。ちなみに、不動産の仲介業者が所有してる物件を、自社物件と呼ぶそうです。

本当に不動産投資が儲かるのであれば、仲介業者は自分たちで物件を持ってそれを貸し出すべきでしょう。企業の理屈から言えば、当然そうなりますよね。

しかし、不動産の仲介業者を含めた多くの企業は、マンションなどの居住用の不動産には興味を持っていないのです。少なくとも、それほど積極的とは言えません。

企業が投資しないという事は、不動産投資というのは、実はそれほど儲からないという事なのです。あるいは、期待される利益に対して、リスクが大きすぎるかです。

仲介業者であれば仲介だけした方が安全で儲かるという事ですし、普通の企業であれば本業に注力した方が良いという事ですね。

本当に儲かれば企業は不動産投資をする

現在では居住用の不動産投資に熱心な企業はそれほど多くないでしょう。しかしバブル期には、不動産と円もゆかりも無いような企業でも、積極的に投資をしているところもありました。

この時期には銀行からお金を借りて不動産を買うことも珍しくはありませんでした。

つまり儲かると思えば、企業だってマンションなどに投資するんですよね。しかも、お金を借りてまでして投資するのです。

それをしないという事は、たいして儲からないと判断しているわけです。物件を持つ事を考えるくらいなら、そのお金を違う事に使うほうが経営判断として正しいと認識してるわけです。

この事実から分かるように、マンションへの投資は期待しすぎてはいけません。まったく儲からないなどと言う気はありませんが、びっくりする程儲かるものでない事は事実です。

そういう意識を持っておくと、失敗は少ないかもしれません。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。