このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

不動産投資ではレバレッジをかける事も出来る| 小さい手元資金で大もうけ出来る可能性も

不動産投資の特徴の一つは、レバレッジをかけた投資がしやすいという点にあるでしょう。レバレッジをかけるというのは、簡単に言うと、借金をして投資が出来るという意味ですね。

手元資金ゼロでマンションを買う事だって可能

例えば1,000万円の中古マンションに投資しようと思ったとします。しかしあなたが自由に使える手元資金は900万円しかありません。

こんなケースでも、900万円を借りてきて、1,000万円のマンションに投資できるわけです。これがレバレッジです。

実際にはお金を借りられるのかという問題がありますが、投資できる可能性はあるわけですね。

極端な例だと、手元資金ゼロでもマンションに投資できるかもしれません。もちろん、お金を貸してくれる人がいればという前提は付きますけどね。

レバレッジを効かせると大きく儲けられる可能性がある

上に書いたように、レバレッジをかけるメリットのひとつは、小さな手元資金で投資できるという点にあります。100万円で1,000万円の物件に投資できたりするわけですね。

しかし、レバレッジを使うメリットはそれだけではありません。普通の投資よりも大きく儲けられる可能性があるからレバレッジを使うのです。

例えば、上に書いたような1,000万円の物件を買うと、年3%の実質的なリターンがあったとします。自己資金1,000万円だったら、当然ですが、毎年3%分儲かる計算になります。金額にして30万円です。

しかし、自己資金100万円で900万円の借金をしてマンションを買った場合は、話がぜんぜん違います。借入の金利をゼロと仮定すると、毎年の利益は30万円と同じです。しかし、元手が100万円なので、リターンは年30%になるのです。

もちろん、借入金利が0%ということはありません。ですから、実際には、こんなにうまくはいかないのですけどね。まあ、大きく儲けられる可能性はあるわけです。

また借入金利が高ければ、レバレッジをかけたほうがマイナスになることもあります。ですから、迂闊にレバレッジをかけるのは危険ともいえるわけです。

物件の価値が大きく下落した場合に問題になる

レバレッジをかけると、物件価格が下落した場合のリスクも大きくなるというデメリットもあります。

例えば、上の中古マンションの価値が800万円まで下落したとしましょう。このケースでは、この物件を売っても、借金のすべてを返済できない事になってしまいます。

個人の不動産投資の場合、何かの事情で資産を整理する必要が出る事も珍しくないでしょう。その時に赤字になるというのは、意外と大きなリスクです。

他の資産の状況にもよりますが、こうした事態を避けるには、やっぱりレバレッジをかけすぎないことが重要になります。まあ、投資の計画は慎重にって言う話でしょうか。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。