このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

1DKと1LDKは何が違う| そしてワンルームや1Kの物件は1DKより狭いのか?

不動産情報を見ていると、1DKとか1LDKといった表記を見かけます。最近はこの表記も定着しているので、大体どんな物件なのかイメージできる人が多いでしょう。

ただ、正確な定義を把握していない人も居ると思うので、一応確認どんなものか確認しておきましょう。実際、微妙な誤解をしている人も多いようです。

1LDKとは

まず1LDKですが、これは1つの居室とLDKというタイプの部屋がセットになった物件という意味です。つまり2部屋の物件です。

LDKはそれぞれ「L:リビングルーム、D:ダイニングルーム、K:キッチン」の略ですね。リビングルームは日本語で言うと居間にあたります。ダイニングルームは食事を取る部屋です。この3つの機能をそろえた部屋をLDKと呼びます。

ということは居室2つにLDKが付いた物件は2LDK、居室3つ+LDKなら3LDKと呼ばれるわけです。

LDKかDKか?

次に1DKですが、1つの居室とDKというタイプの部屋がセットになった物件という意味です。DKはLDKから類推できるように「D:ダイニングルーム、K:キッチン」の略ですね。

ここで問題になるのがLDKとDKの違いです。同じ部屋でも広いダイニングルームとして使う場合と、ソファーか何かを別において居間の機能を持たせる場合はありえますよね。

ですから、そもそもの定義でいくと、同じ部屋でもLDKになる可能性もあればDKの可能性もあるわけです。広さだけでは区別はできません。

一応便宜的に、8畳より広ければLDK、狭ければDKとしていることが多いようです。ただ、絶対にこうなっているというわけではありません。

実際、10畳くらいの部屋だと、食事用のテーブルを置いた上にソファーまで入れたら、かなり手狭ですよね。そうするくらいなら、食事用のテーブルだけでゆったり使うという選択をする人だって多いでしょう。

それに、打算的な選択をすることだってありえます。DKよりもLDKの方が顧客の食いつきがいいと思えば、多少狭くてもLDKと表記する事もあるでしょう。

まあ、あまり狭いのに1LDKとするわけにもいかないので、物件情報を並べてみるとそれなりの傾向はあるようです。詳しくは、次のページを御覧ください。

1Kと1R(ワンルーム)

一人住まいの物件でこのほかに見られるのが、1Kと1R(ワンルーム)です。

1Kは居室1つとキッチンが区切られたタイプの物件です。ただ、キッチンは狭く、食事をするようなテーブルをおくことはできません。

そして1Rは台所と居室が一体になったものです。

広い1Rも存在する

ここまで見てきたことから分かるように、一般的には広さの関係は次のようになっています。

1R<1K<1DK<1LDK

しかしながら、物件によっては、一般的な1DKよりも広い1Rも存在します。これはまったく珍しいことではありません。

ですから、これらの表記だけでなく、実際の図面やら占有面積やらを見て総合的に判断する必要があるわけです。1LDK表記なのに、LDKが狭くてリビングルームとして使えなかったということもありうるわけですね。

また、使い勝手としても、1DKよりも1Rの方が使いやすい事だってありえます。狭い2部屋よりも広い1部屋の方が使い勝手がいい場合も多いですからね。

まあ、一般的なイメージとしては、1Rや1Kよりも1DKの方が良いのでしょうけどね。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。