このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

いくら持っていれば不動産投資はできるのか?| ゼロ円でも不動産に投資できる可能性も

投資の基本は、「今手元にあるお金を何倍かに増やす」ということです。これは株式投資でも不動産投資でもその他の投資でも変わりません。

ということは、手元にあるお金が大きければ、投資では有利ということになります。

ある程度の運用資金を用意するのが基本

例えば、投資をして20年で2,000万円を作ろうと思ったとします。1,000万円手元にあるような人なら、びっくりする程危ない運用をしなくても達成可能でしょう。

もちろん、それなりのリスクはとらないといけませんが、リアルな目標とも言えます。

しかし、手元に300万円しかなければ、かなり危ない運用をしないといけません。ギャンブルに近いことも必要でしょうね。

あるいは、そこまでリスクが取れないのなら、貯蓄なども併用する必要があります。こうなると、投資ではなく貯蓄という別の行為が主になってきます。

不動産に投資する場合も同様で、100万円しか持っていない人よりは1億円持っている人の方が有利な投資ができます。投資の世界では、これが原則です。

特に不動産の場合は、物件を買おうと思えばそれなりのお金が必要です。ですから、よけいに手元資金の大きさは重要な要素となります。

お金を持っていない人でも投資する方法がある

とはいえ、実はあまりお金を持っていない人でも不動産投資は可能です。その気になれば1円も使わないで不動産投資をすることができるでしょう。

このページでは、小額で投資するにはどうすれば良いか簡単に見ていきましょう。

ワンルームマンションなら200万円以下で買える例も

まず、正攻法で不動産投資をした場合は、いくらくらいから投資できるでしょうか。

Yahoo!不動産などで地方のワンルームマンションの情報を見ていると、中古物件なら200万円以下で買えるものもあるようです。ということは、少なくとも200万円程度あれば投資ができるということです。

もちろん、選択肢を増やすためにも、予算はもっと多い方が良いとは思いますけどね。200万円でも投資に適した物件が見つかる可能性が無いわけではありません。

証券化商品を使えば10万円前後から購入可能

さらに、証券化された不動産なら、10万円程度から購入することができます。

不動産証券化という言葉には、ちょっとなじみが薄い人も多いのではないかと思います。簡単に言うと、不動産の所有権などを分割して、その分割したものを証券の形で持てるようにするということです。REIT が代表的ですね。

このように証券化することで、不特定多数の個人や企業からお金を集めやすくなるというメリットがあります。逆に個人や企業は、比較的小額で不動産投資ができるようになるのです。

まだ抽象的で分かりづらいという場合は、株式との比較で考えるとわかり易いでしょうか。

株式を買うというのは、会社の一部を買うのと同じことですよね。それと一緒で不動産の証券化商品を買うと、不動産の一部を所有することになるわけです。みんなで一つないし複数の不動産を所有するというイメージですかね。

厳密に書くと色々とうるさいのですが、イメージとしては大体こんな風なとらえ方で良いでしょう。

繰り返しますが、不動産の証券化商品で代表的なものがREIT です。REIT の基本的な考え方は、不特定多数の人がお金を出して、オフィスビルなどを買うというものですよね。そして、そこからあがる収益は、投資した人に持分に応じて分配されます。

このREIT なら10万円以下で投資可能なものもあります。ですから、10万円以下で不動産に投資できることになるわけです。

その気になれば0円で投資可能かも

不動産投資の場合は、手元資金ゼロでも投資することが可能です。決してお勧めするわけではありませんが、条件さえそろえば投資することはできます。

やり方は簡単で、お金を借りてきてマンションを買ってしまえばいいのです。そうすれば、手元に1円も無くても投資ができます。

もちろん、誰でもお金を借りられるというわけではありませんけどね。お金を借りられるのであれば、人によっては、元本ゼロで投資も可能ですということです。

元本ゼロの投資ですから、そのリターンは無限大ということになります。また、理論上は無限大に投資できるということですよね。手元資金に関係なく投資できるわけですから。

もちろん、そんな簡単な話ではありませんけどね。無制限に貸してくれる金融機関なんてありませんし。

それに、もし投資に失敗すれば、マイナス無限大のリターンという結果に終わります。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。