このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

行動経済学を使って相場を理解する| 投資をする人なら知っていて損は無い考え方です

経済学の理論は、人間は論理的に行動するという前提で組み立てられています。しかし人間というのは、必ずしも経済的に合理的に行動するわけではありません。

特に短期的に見ると、かなり間違った行動をとることがあります。その行動の傾向を心理学を交えて理解しようというのが、行動経済学という学問です。

率直に言って、学問としては行動経済学は未成熟な分野です。それでもその考え方は、投資に役立つでしょう。

そんな行動経済学に関する記事が、会社四季報のサイトに掲載されていました。興味がある人はチェックしてみてください。

  • 個人投資家にも役立つ! 行動ファイナンスを投資にどう生かす? 
    会社四季報オンライン 2016年3月4日

ちなみにこの記事は、次の本に対するインタビューという趣旨で書かれています。

amazon.co.jpで見る限り、本の評判はいまひとつみたいですね。

ただ、行動経済学自体は、相場の理解には役立つ考え方です。ですから、行動経済学の違う本をあたってみたほうが良いのかな?

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。