このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

民主党岡田代表は経済音痴なのか?揚げ足取りをしたいだけなのか?

民主党の岡田代表が、円高・株安の動きについて発言をしているようです。時事通信が伝えています。

民主党の岡田克也代表は14日、急激な円高・株安の進行に関し、「『円安・株高』がアベノミクスの最大の成果だと誇ってきた、その一番肝心なところが今、揺らいでいる。アベノミクスの破綻という観点でしっかり議論したい」と述べ、衆院予算委員会などで安倍政権の「失政」を追及する方針を示した。1

率直に言って、この記事のタイトルを読んだ瞬間に呆れてしまいました。この人は本気で円高・株安についてアベノミクスが悪いと追求するつもりなのでしょうか。

それに、そもそもアベノミクスの成果って、円安・株高ではありませんよね。円安や株高はあくまで副次的なもので、目指しているのは雇用や経済成長のはずです。

いったい何を追及したいのでしょうか。まったく意味がわかりません。

世界的な経済不安が原因では?

円高・株安の短期的な変動の原因を特定するのは難しいですが、少なくとも今回の変動はアベノミクスが主因だとは思えません。

まあ、一般的な説明としては、「世界経済が不安定で世界的に株安に成っている。日本株も同様の動きで下げている。また、比較的信頼が高い日本円に交換する動きがあり、円高が進行している」といった感じなのでしょうか。

何をどうすると、アベノミクスが原因で円高・株安が起こっていると追求できるのでしょう。そんな議論を吹っかけたら、恥をかくのは民主党の方でしょう。

それとも、一方的に言いたい事を言って、勝利宣言でもするのかなあ。まあ、得意な手ですからね。

本気でアベノミクスが原因だと思っているのか?

そもそも岡田氏は、アベノミクスが原因で円高・株安になっていると本気で思っているのでしょうか。それとも、政治的なパフォーマンスをするために、アベノミクスが失敗だといいたいだけなのでしょうか。

まあ、どちらだとしても、政治家としてプラスじゃないと思うんですよね。前者だったら民主党に経済は任せられないとなりますし、後者だったら批判のための批判をする政党であるという評価になるでしょうから。

少なくとも、こんな批判をしていたら、まともな支持者は去っていきます。常識的な判断ができる人なら、ちょっとこの人たちには乗れませんよね。

それに彼の場合、本気でアベノミクスが原因だと思っていそうです。そこもちょっと笑えないところです。

少し前に民主党政権が実際にあったわけですから、彼が国のトップになる可能性もあったわけですよね。怖い怖い。

自民党の代わりがいないのは不幸

日本には、まともな経済政策を持っている大政党が、自民党以外にも必要です。そうしないと、自民党が問題を起こしたときに、他の選択肢が無くなってしまいます。

現状だと民主党に期待するしかないのですが、少なくとも、今の民主党には期待できそうもありません。代表からして、あんな感じですから。

まともな経済政策を持つ人が、民主党幹部に入らないものでしょうか。まったくいないわけじゃないはずなんですけどね。

まあ、わかっていたことですけどね。それにしても、酷い。がっかりです。


  1. 円高・株安、国会で追及=「アベノミクスは破綻」―岡田民主代表
    時事通信 2016年2月14日 []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。