‘国債暴落の影響’ タグのついている投稿

国債の暴落に備えるなら外国株式も持っておこう

2012年3月26日 月曜日

国債が暴落したら現実的に何が困る?」のページでご紹介したように、外国株式を持つのは万が一の対処としてはただ良い方法です。このページでは、この点について、もう少し詳しく考えてみましょう。

また、日本株だけでなく、外国株も持つことは、分散投資という観点からも意味があります。つまり、国際分散投資は、国債の暴落対策にもなるということですね。

(さらに…)

貯蓄型の生保保険は最悪かも│ 国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?

2012年3月24日 土曜日

仮に国債が暴落すると、貯蓄型の生命保険は悪い影響を受けやすいと考えられます。これは、「国債が暴落したら何が困る? 」のページで簡単に説明したとおりです。

具体的には、長期金利が上昇した後も、金利が低い商品を持ち続けざるを得ない可能性が大きくなるのです。また、生保会社が倒産した場合のリスクもあります。

このあたりの不利益について、もう少し詳しくみてみましょう。

(さらに…)

外貨預金は銀行の破綻が心配│ 国債が暴落したらどうなる?

2012年3月21日 水曜日

日本国債の暴落が万が一起こった場合、外貨預金はどうなるのでしょうか。日本円建ての預金ではないので、心配は要らないのでしょうか。

実は、外貨預金でも、大損をするケースもあり得ます。どんな問題があるのか、考えてみましょう。

(さらに…)

個人向け国債は意外に大丈夫│ 国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?

2012年3月21日 水曜日

国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?」のページでは、個人向け国債が国債の暴落対策に良いのでは無いかと書きました。でも、国債の暴落対策で個人向け国債って、なんだか変な感じですよね。矛盾しているように思われます。

なぜ、個人向け国債が国債暴落対策になるのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)

国債が暴落したら時の国内株式への影響は?

2012年3月19日 月曜日

国債が暴落したら何が困る? 」のページで、国債の暴落は株式には悪影響であると書きました。この点について、もう少し詳しくみてみましょう。

(さらに…)

国債が暴落した定期預金への影響は?

2012年3月19日 月曜日

国債が暴落したら、私たちが持っている金融商品はどうなってしまうのでしょうか。なにか大きな問題は起こるのでしょうか。

一つ前のページ(国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?)では、全体的な考え方をご紹介しました。このページでは、特に、銀行の定期預金に注目して考えてみることにしましょう。

(さらに…)

国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?

2012年3月19日 月曜日

時々、「日本の国債が暴落する」と主張する人がいます。

実際にどうだったかと言うと、いつまで経ってもそんな兆候はみられないのですけどね。ですから、さすがに、信じる人も減ってきたような印象があります。

国債暴落の現実性はさておき、本当に暴落すると何が起こるのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

(さらに…)