‘インデックスファンド’ タグのついている投稿

インデックスファンドとは

インデックスファンドというのは、日経平均株価指数などの指数に連動する投資信託の事です。指数(index)と連動するからインデックスファンドというわけです。言ってしまえば、そのままの名前という事になります。

もともとインデックスファンドは、日経平均株価指数やTOPIX などの株式指数に連動するものがほとんどでした。しかし最近では、債券やREIT などの指数に連動するインデックスファンドも増えています。

また、外国の株式指数に連動するインデックスファンドも存在します。ですから、基本的には、インデックスファンドだけでポートフォリオが組めるわけです。

連動するってどういうこと

ちなみに、連動するというのは、同じ比率で動くとうい事です。

例として、日経平均株価指数に連動するインデックスファンドを考えましょう。連動するというのは、日経平均株価指数が2%上がるとインデックスファンドの基準価額も2%あがるという意味です。当然、日経平均が3%下がれば、インデックスファンドの基準価額も3%下がります。

言い換えれば、指数と同じ運用成果を上げられるようにしているという事ですね。

完璧に連動するわけではない

インデックスファンドは指数との連動を目指していますが、実際のところ、完璧に同じ動きをするというわけではありません。日経平均だったら、銘柄の入れ替えがあったりしますからね。そういう時には、当然ですが、乱れることもあるわけです。

また、指数には手数料はありませんが、インデックスファンドには手数料がかかります。ということは手数料の分だけパフォーマンスも悪くなるわけです。

さらには、インデックスファンドは追加型の投資信託なので、お金の出入りが頻繁にありますからね。完璧に一致されるのは難しいわけです。

インデックスファンドが指数とどれだけ連動しているかという指標に連動率というものがあります。指数との連動が上手く言っているかを調べたい場合は、この連動率を調べることになります。

インデックスファンドの強みは手数料の安さ

このように、インデックスファンドは、とてもシンプルな設計の投資信託です。基本的には機械的に処理されるので、あまりコストはかかりません。

実は、このコストの安さがとても重要です。コストが安いために、ファンドマネージャーが積極的に運用するアクティブファンドよりも、インデックスファンドの方がパフォーマンスが良いのです。

もちろん、とびぬけてパフォーマンスが良い投信は、アクティブファンドの中にありますけどね。アクティブファンドとインデックスファンド、それぞれの平均で見ると、インデックスファンドの方がまさります。

といことは、同じインデックスファンドでも、より手数料が安い方がリターンが大きい可能性があるわけですね。ですから、手数料の大きさは、インデックスファンドを選ぶときの一つの基準になっています。

というか、シンプルな設計のファンドなので、手数料と連動率くらいしか選ぶ基準が無いのです。

金融庁が考える長期投資・分散投資は、債券や不動産ではなく国内外株式インデックスファンドの積立

2017年11月27日 月曜日

2018年1月から始まる「つみたてNISA」という仕組みは、要するに、投資信託の積立を促進する仕組みです。投資信託の積立で儲けた分に対しては課税しないことで、投資を促そうという仕組みですね。

基本的な考え方はこれで良いのですが、細かく見ていくと金融庁の裏の意図が見えそうです。どういう事かというと、金融庁がお勧めする金融商品や投資方法というのが、はっきりわかるのです。

(さらに…)

つみたてNISAに大反対の金融業界| いいサービスって事だね

2017年10月25日 水曜日

2017年10月16日の日経新聞に「つみたてNISAの違和感(一目均衡) 」という記事が出ていました。証券部次長の山下茂行という方の記事です。これは、電子版のみの記事なのかな。

(さらに…)

株式投資で儲けるのはとっても簡単| 株式の投資信託を長期保有するだけで儲かることを確認しておこう

2017年10月22日 日曜日

以前は、多くの人が、素人は株式投資で損をすると思っていました。「あんな危ない物に手を出してはいけない」なんて言う人も多かったです。

バブル崩壊の時の記憶がよほど強く残っているのでしょうか。「株式投資=お金をドブに捨てること」みたいなイメージの人すら珍しくありませんでした。

(さらに…)

ETF積立・株式積立の手数料について考えてみよう

2017年4月26日 水曜日

前のページに書いたように、カブドットコム証券の「プレミアム積立(プチ株)」を使ってETF の積立をするのは、かなり賢い選択だと考えています。また別のページで、どのETF を積立てればいいかも、ご紹介しています。

ところで、「プレミアム積立(プチ株)」でのETF の積立をお勧めしている理由は、何といっても、手数料が安いからです。仮に手数料の安さが無ければ、大手証券会社の「株式るいとう」を使っても構いませんからね。あるいは、インデックスファンドの積立をするという手もあるでしょう。

(さらに…)

信託報酬が安いインデックスファンドが増えている| 長期投資を考える人には朗報です

2013年5月5日 日曜日

投資信託を選ぶポイントはいくつかありますが、特に大事なものの一つが手数料が安い投資信託を選ぶことです。このポイントを知らないと、銀行などの窓口で、信託報酬という手数料が高い投資信託をかわされてしまいます。

ところで、最近この信託報酬に変化が見られるようです。元々信託報酬が安かったインデックスファンドの信託報酬が、さらに下落傾向にあるようなのです。

(さらに…)

インデックスファンドは初心者におすすめ?│ 本当に初心者向けの投信なのか?

2012年11月25日 日曜日

楽天証券では、希望者に対して「投資信託ニュース」というメールを定期的に配信しています。正直に言うと、普段このメールを見ることはほとんどありません。先日たまたま開いてみたときに、面白いものを見つけました。

今回記事の中で紹介されていたのは「雑誌で紹介された話題のファンド(12月号)」と「初心者にオススメの低コストなインデックスファンド」の2本でした。どちらも内容的にはそれ程興味を引かれるものではありませんが、2本目の記事の「初心者にオススメの」と言う部分に妙に変に引っかかってしまいました。

(さらに…)

投資信託はアクティブかインデックスか?│ 個人的にはインデックスファンドでいいと思っていますけどね

2012年4月2日 月曜日

投資信託はアクティブ・ファンドがいいのでしょうか?それとも、インデックス・ファンドがいいのでしょうか?インデックス・ファンドのメリットを整理した記事があったので、ご紹介します。

インデックス・ファンドのメリットを整理した記事があったので、ご紹介します。

(さらに…)

インデックス・ファンドとは│ つまり市場平均を目指すって事

2012年4月1日 日曜日

インデックス・ファンドというのは、投資信託の一種です。具体的には、次のようなファンドのことを言います。

  • 目標とする指標(ベンチマーク)を設定し、それに連動した基準価額の値動きを目指すファンド

(さらに…)

外国株式は国内株式とセットで考えよう│ 国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか?

2012年3月26日 月曜日

国債が暴落したら現実的に何が困るのだろうか? の続きです
「国債暴落の影響」関連ページの一覧


国債の暴落に備えると言う意味だと、日本株と外国株を一緒に持つことは意味がありそうです。

まあ、これ自体は特別な事ではありません。
一般的な国債分散投資をすればいいということですね。

国債の暴落が起こるのなら、外国株式は持っておいたほうがいいでしょう。

日本政府の経済運営が信任を失い国債が暴落するような事があったとしましょう。
このときは国債だけでなく、国内株式や円も価値を下げている可能性が高いでしょう。

(さらに…)

リスクを取って運用するときの金融商品は次の順番で選びましょう

2012年1月26日 木曜日

リスクを取って資産運用する場合は、どの商品に投資するか迷うところです。
なぜなら、この世の中には、数多くの金融商品が存在するからです。

そしてどの商品も、それが一番優れていると訴えています。
投資知識のない人に、この中から一つ選べと言っても、無理な話です。

というか、ある程度勉強している人でも、客観的に判断するのは難しいでしょう。

そこで、多少独断と偏見が混じりますが、私の個人的な見解を書いておきたいと思います。
どんな金融商品から選んでいけばいいか、参考にしてください。

(さらに…)