‘FX’ カテゴリーのアーカイブ

FXとは

FXというのは、Foreign eXchange の略です。これだけだと、「外国為替」という意味ですね。

しかし、実際に日本FXというと、外国為替証拠金取引の事を指します。ちなみに英語圏ではFXではなくForex と略されるそうですね。どうでもいい知識ですけど。

外国為替証拠金取引を正確に説明すると、結構大変です。ですから、とりあえず、「FXは実際の運用資金以上の外国為替取引ができる仕組み」だと理解しておけばいいでしょう。最初の理解としてはそれで十分だと思います。

実際の所持金以上の額が運用できるから

FXは実際の所持金以上の額の取引が出来ます。例えば、10万円しか持っていなくても、100万円分の米ドルが買えたりするのです。

少額で大儲けできる可能性がある

ということは、小さな額しか持っていなくても、大儲けできる可能性があります。

例えば、10万円の米ドルを買ったあとに米ドル/円の為替レートが1%円安に動いたとします。この場合、当然ですが10万円の1%の1,000円儲かることになります。

それでは、100万円分の米ドルを買って、同じく1%の円安になったらどうでしょうか。当然ですがこの場合は、100万円の1%の1万円の儲けです。

でも、この実際に持っているのは10万円ですよね。ですから、FXなら普通の為替の売買よりも大きく儲かる可能性があるわけです。

大きく儲かる可能性があるということは大きく損をする可能性もある

大きく儲ける事が出来る可能性があるということは、逆に言うと、大きく損をする可能性もあるという事です。先ほどの場合は円安方向に1%動いたので1万円儲かりましたが、逆に円高方向に1%動けば1万円の損ですからね。

実際、FXでは、運用に失敗して大損をするという事があるようです。自分の身近でも、かなりの額の損失を出している人もいます。

FXをすること自体は悪いとは言いませんが、十分に注意は必要でしょう。

FXは小額で楽しむ人が多い、一方で外国債券にはかなりの額をつぎ込む人も

2015年2月16日 月曜日

前のページで紹介したように、「PGF生命、外貨建て金融資産に関する調査」は、非常に興味深い点が多いです。このページでは、外貨建て資産ごとの保有額に関する記述に関してチェックしてみましょう。

FXは小額で投資している人が多いとか、外貨建ての生保は大きい契約をしている人が多いなどについて言及している部分です。

(さらに…)

エコノミストが1年半後の1ドル120円を予想(2013年7月)| 結果はあたりでした

2013年7月5日 金曜日

UBS のエコノミストが、「円は今後12~18カ月で120円程度に下落する」という見通しを明らかにしています。時事通信の報道ですね。1

この手の予想は、率直に言って、あまりあてになるものではありません。株価や株価予想なんて、外れるのが普通ですからね。専門家と呼ばれる人の予想も、かなり幅があるのが普通ですからね。

(さらに…)

  1. ■ 円、120円に下落へ=ドルは歴史的な上昇局面―エコノミスト
    時事通信 []

スワップポイントが大きい通貨を買うのは正しい選択?

2013年4月7日 日曜日

FX関連のサイトやら書籍やらを見ていると、スワップポイントが大きい通貨を買って外貨預金の代わりに使いましょうなどと書いてあることがあります。スワップポイントと言うのはすごく大雑把に言うと、外貨預金の金利のようなものです(かなり正確性は欠いていますが)。

一般にFXのスワップポイントは、外貨預金の金利よりも有利に設定されている事が多いです。また、為替を両替する手数料も、FXの方が有利です。

(さらに…)

FXで資産運用?| 有利か不利かで言ったらちょっと不利な商品です

2013年3月24日 日曜日

FXで運用してお金を増やしたい。世の中には、そんなふうに考えている人もいらっしゃると思います。

その一方で、FXのことを未だに懐疑的に見ている人も少なくないでしょう。新しい金融サービスというのは、なんとなく胡散臭いものです。一部では悪い評判があるのも事実ですし。

(さらに…)