‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

インドという国の事は、意外と良く知らない人が多いのではないでしょうか。

2017年10月30日 月曜日

私たちは、幼いころから、インドの文化に触れています。

例えば、日本人が大好きなカレーは、もともとインドのものですよね。中学の社会では、インダス文明について勉強しているはずです。

また、インド人の中にはターバンを巻いているというイメージを持っている人も多いでしょう。最近では、IT分野が強いという印象もあるかもしれませんね。

(さらに…)

日本とロシアの貿易はどうなっているのでしょうか?

2017年10月4日 水曜日

日本とロシアの輸入額と輸出額を調べてみました。ここ数年では、次のグラフのようになっています。ジェトロのサイトからデータは引用しました。

(さらに…)

外貨建ての社債が円建ての社債の約50倍の金利| これって有利なの?

2014年1月14日 火曜日

SBI証券から次のようなタイトルの営業メールが届きました。

☆年率10.13%(税引前)ブラジルレアル建社債/人気の円建社債!年率0.21%(税引前)小田急電鉄社債

これすごいですよね。

(さらに…)

ご存知でしょうが、元本保証の商品には大きなデメリットがあります

2013年12月26日 木曜日

色々なところで書かれたり発言されたりしていることではありますが、大事なことなので確認しておきましょう。

「元本保証の金融商品は物価の上昇に非常に弱いです。安全な投資先のつもりで元本保証を選んでも、実質的には資産を減らす可能性も大きいのです。ですから、元本保証の金融商品だけで資産運用すると言うのは避けないといけません。

実際の金額が減らなければ安全と思ってしまう気持ちは分かります。でも、資産の価値と言う意味では、大きく減っている可能性もあるのです。このことは、十分に考えないといけません。

(さらに…)

月5万円積立で1億円| うますぎる話は常識を駆使して判断しよう

2013年9月9日 月曜日

最近ネットを見てると、月々5万円積立てて1億円を目指すという広告が出ています。この数字を見てどう思いますか?

私の最初の感想は、「バカバカしい」でした。常識的に考えて、こんなふうに増やせるはずが無いからです。

実際、どの程度荒唐無稽なのかを簡単に検証してみましょう。

(さらに…)

ファンドラップの手数料はビックリするほど高い| 月に数万円単位というレベルですよ

2013年9月3日 火曜日

ファンドラップの手数料はとても高いことを別のページで指摘しました。具体的に書くと、年3%程度の手数料がかかると考えられます。

でも、年3%といわれても、いま一つしっくりこないですよね。そこで、金額的にどの程度かかるか考えてみましょう。パーセンテージで書かれた手数料は、具体的な金額に置き換えて考えるのが大事です。

といっても、考え方としてはとても簡単です。単純に掛け算をすれば良いわけですよね。

(さらに…)

ラップ口座やファンドラップのデメリットは何だろう?

2013年9月3日 火曜日

まった額の運用をする時の金融商品として、ラップ口座と呼ばれる商品があります。また、通常のラップ口座よりも多少低い額から投資できるファンドラップと呼ばれる商品もあります。

ラップ口座がどんな商品かを一言で言うと、金融機関に運用を任せてしまう商品だと考えると分かりやすいでしょう。基本的な運用方針だけ最初に決めておいて、その後は金融機関の裁量で運用してもらうのです。

そしてファンドラップは、ラップ口座の中でも運用対象を投資対象を投資信託に絞った商品です。あなたのためにプロが投資信託を使って運用してくれるわけですね。

(さらに…)

老後の資金としていくら貯めれば良い?| 元本に手をつけず金融資産の運用益だけで生きていくことは出来るのでしょうか

2013年7月24日 水曜日

老後の生活を考えると、国の年金制度だけでは心もとないものがあります。長い期間厚生年金に入っていた人なら、老齢年金だけでも何とか暮らしていけるとは思いますけどね。生活としてはギリギリでしょう。

ある程度生活に余裕を持たせるためには、自分で老後資金を用意する必要があります。このときに、どの程度の額を用意するかは難しい問題ですよね。

(さらに…)

何で資産バブルが起きてデフレが続くの?

2013年7月10日 水曜日

アベノミクス批判の急先鋒として、浜矩子という方がコメントした記事を見かけることが多いです。最近テレビの報道番組は見ていないので分かりませんが、おそらくテレビにも多数ご出演なのでしょう。

以前私がテレビを見ていたころにも、何度か見かけたことがあります。そして、この時期にマスコミが、そんな人を放っておくわけは無いと思うのです。「アホノミクス」なんて言って煽ってくれる人は、テレビには貴重な人材でしょうからね。

(さらに…)

信頼できる経済コラムサイトをチェックしておこう

2013年5月31日 金曜日

資産運用を本気で考えるのなら、ネットで読める信頼できる経済コラムをいくつか見つけておきましょう。

余裕が有る人は、これらのコラムを随時チェックすることをお勧めします。普段目にするニュースよりも一歩深いところまで知ることが出来、大変勉強になります。

(さらに…)

日本株の投資信託が売れすぎているのだそうです| やっぱり売り時は近いんだろうな

2013年5月23日 木曜日

最近、日本株の投資信託が売れすぎているのだそうです。そのため、販売を一時休止している所すらあるようですね。

売れているのに販売を休止する理由は、投資信託には適切な規模というのがあるからです。お金がぜんぜん集まらないは問題ですが、お金が集まりすぎても運用上の支障をきたすのです。

(さらに…)

外国人ばかりが儲けて日本人が損をするってどういう理屈なんだろう| 雑誌記事はうかつに信じると危険

2013年4月19日 金曜日

ネットニュースを見ていたら、日本市場では外資ばかりが儲け日本人は損ばかりさせられる、という記事が出ていました。しかも、外資に利益誘導しているのは、日本の金融当局だと言うことです。

この手の陰謀論的な記事は、時々見かけることがあります。何でこういう記事が書かれるのでしょうかねえ。悪い外国人にだまされる愚かな日本人と言う構図が受けるのかなあ。

(さらに…)

株式るいとうは最適な長期投資なのか?

2013年4月15日 月曜日

野村證券のサイトの用語集を見ていたら、次のような項目を見つけました。株式累積投資についての説明です。

1993年よりスタートし、「るいとう」という呼び名で親しまれている。証券会社が、多くの投資家から資金を募り、同一銘柄を共同で買い付ける仕組みである。

最大の特徴は、月々1万円から積立方式で投資できることである。定期的に買付けされるので、わずらわしさがなく、長期投資に最適な方法となっている。

(さらに…)

金融機関の窓口で手数料が高い商品をすすめられるのは当然│ 金融機関で相談なんて…

2012年11月25日 日曜日

資産運用の本を読んでいると、次のような事が書かれている事があります。

「投資の初心者は金融機関の窓口まで出向き、納得するまで話を聞きましょう。餅は餅屋と言いますから、金融商品のプロの意見に耳を傾けるべきです。」

(さらに…)

CFDって人気でなかったんだね│ 楽天証券でCFDサービスが終了へ

2012年11月23日 金曜日

2013年の2月2日の朝をもって、楽天証券のCFDサービスが終了するようです。

CFDというのは、contract for difference の略語です。日本語では、差金決済取引と呼ばれます。

おおざっぱな言い方をすると、CFDはFXの親戚のような商品です。FXは通貨の差金決済だけを扱いますが、CFDはそれ以外の商品に拡大したものと考えられます。

(さらに…)