‘投資に役立つ本’ カテゴリーのアーカイブ

資産運用の本は何を選んだらいい

資産運用関係の書籍はたくさん出版されています。実際、大きい書店に行くと、数百冊なのか数千冊なのかは分かりませんが、資産運用関係の書籍が並んでいるのを確認できるでしょう。

その種類も多岐にわたります。資産運用全般の本もあれば、株式投資や債券投資など、投資対象ごとの本も存在します。また、それが、投資手法や読者の前提知識別に細分化されていくという感じです。

資産運用はトンデモ本の宝庫です

ただ、これだけたくさんの資産運用の本があるにも関わらず、お勧めできる本は意外と多くありません。特に、マトモな本よりも初心者向けの本だとトンデモ系の本の方が多いという惨状です。

犬も歩けばトンデモ本に当たるという感じでしょうか。本当に、トンデモ本の宝石箱なのです。

「私はこうして儲けました」系の本が一番ヤバい

分かりやすい例で行くと、「私は株で、こんなふうにして3億円稼ぎました」というようなタイトルの本はトンデモ本である事が多いですね。というか、トンデモ本だと断定して良いでしょう。ちなみに、株の部分はFXでも信用取引でも先物でも何でも良いです。

こういう本は、たまたま時期が良くて儲かっただけという事がほとんどだからです。あとは、著者にギャンブラー気質があり、個人としては比較的大きい金額で勝負に出たら勝ってしまっただけの話です。

著者本人がリスクを取って勝負をするのは、もちろん本人の自由です。でも、それを読んで信じてしまう人がいるとしたら、大問題ですよね。著者が必勝法だと思って本に書いていることは、実はただの偶然だったわけですから。

一見マトモそうなトンデモ本もある

資産運用の本で怖いのが、一見マトモそうなトンデモ本が存在することです。○○で資産運用を教えていますとか、○○証券の社員でしたとか、雑誌〇〇でコラムを書いていますという人の本が、実はトンデモだという事も珍しくないのです。

しかも、こういう肩書がある人が書いているトンデモ本では、さらに恐ろしい事が企まれている場合もあります。高額な自分のセミナーへの集客のために、本が書かれている事があるのです。

分かりやすい例だと、本にセミナー案内のはがきがついていたりします。つまり読者は、お金を出してセミナーのパンフレットを買わされているようなものなのです。

初心者はこの手の方法を論を試して損をする

ある程度の金融リテラシーがあれば、著者の主張が荒唐無稽だと分かるでしょう。というか、そもそも、そんな本を読んでみようとは思わない可能性の方が大きいのでは無いかと思います。

しかし、初心者向けの本となるとねえ。読み手に基礎知識が無いから、著者の素人考えを鵜呑みにしてしまうリスクが大きいんですよね。

でも、本が売られている時期には、著者が儲けた時期とは相場環境がだいぶ違ってしまっているでしょう。そうなると、著者が提唱する投資手法は上手くいかないわけです。結果、儲けるために本を買って、損をすることになるわけですね。

初心者に必要なのは、資産運用の基本をきっちりと解説した本

初心者に必要なのは、たまたま成功したギャンブラーが書いた本ではありません。セミナーの運営者が集客用に書いた本でもありません。どんな時期にも応用が利く、基礎がみにつく本であるはずです。

そんな本をご紹介出来たら良いなあと思っています。まあ、最近はあまりチェックしていないので、それほどたくさんは紹介できないと思いますが。

確かにマネー誌って個別銘柄の特集好きだよね| カサ増しがしやすいんでしょうね

2017年4月23日 日曜日

アゴラというネットメディアに、「なぜマネー誌は株式の銘柄選択特集をやめないのか?」という記事が載っていました。内藤忍という方の文章です。

タイトルから想像がつくと思いますが、マネー誌の株式投資記事に対する批判が書かれています。

(さらに…)

資産運用で損をしたら読む本 │ 金融機関は投資家の見方ではない事がよくわかる一冊

2012年5月8日 火曜日

タイトルの通り、資産運用の方法について解説した本です。
著者は元証券マンで、現在は投資のアドバイザーをしているそうです。

資産運用で損をしたら読む本

価格:1,680円
単行本: 191ページ
著者: 河合 圭

(さらに…)

初心者の資産運用の本にありがちな罠

2012年3月13日 火曜日

先日、老後資金に備える為の資産運用の本を読みました。
しかし、その本を読んでいて、イライラしてきました。

どう考えても、アンフェアに思えたのです。
自分に都合が良い情報だけを提供し、無知な読者を騙そうとしているようにすら感じました。

正直に言って、多少憤りを覚えます。

(さらに…)

時代の“先”を読む経済学 日本の今を知るには良い本だと思います

2012年3月12日 月曜日

国際経済と流通を専門分野とする経済学者が書く、現在の経済状況を解説した一冊です。
現在の日本、特に日本企業のおかれた状況を理解したい人には役に立つ本ではないでしょうか。

比較的おすすめ出来る一冊です。

タイトルに経済学とついていますが、経済学の専門的な知識は前提としていません。
読み物として、誰でも読めるような内容です。

著者はテレビなどでも同じみの、伊藤元重さんです。
マスコミへの露出が多いためでしょうか、読者のレベルをよく理解している感じがしました。

(さらに…)

万人向けの商品は無いって本当? マネー雑誌だからと言って、信頼し過ぎはダメ

2012年3月6日 火曜日

マネー雑誌だからと言って、信頼し過ぎはダメの続きです。

最後に、記事のまとめの部分もよくわかりません。

「自分流の投資スタイルはすぐに見つかるものではありません。その人の資産の額、年齢、職業、家族構成、性格、リスクに対する許容度などによって異なります。これを買ったら万人にとって正解という投資商品はなく、だからこそ、つまみ食いが必要なのです」

なんだか、もっともらしい事が書いてあって、さらっと読んだら納得してしまう人もいるでしょう。

確かに、リスク許容度などが人によって違うのは書いてあるとおりです。
でも、そのほかの部分に関しては、首を傾げます。

例えば、「これを買ったら万人にとって正解という投資商品はなく」というのは嘘に近いです。
いくつかの商品は、万人にすすめることが出来るからです。

(さらに…)

買ったまま放置するのがなぜ悪い? マネー雑誌だからと言って、信頼し過ぎはダメ

2012年3月6日 火曜日

マネー雑誌だからと言って、信頼し過ぎはダメの続きです。

買った後に放置するのはいけない事なの

「残念すぎる投資家」の症状2として紹介されているのが、「ほったらかしのナマケモノ!」タイプの投資家です。

買っただけで満足! 実は売った経験がなし…
投信や個別株を買ったが、その後、関連情報や値動きに注意を払わず、投資したことに満足してしまうタイプ。価格がジリジリと下がり、塩漬けになったままで、今後どのような行動を取るのか考えていないケースも。
→「残念な口癖」 そろそろ見直さなきゃね~。でも今度

(さらに…)

マネー雑誌だからと言って、信頼し過ぎはダメ

2012年3月6日 火曜日

ZAIという雑誌のサイトに、FPがすすめる投資方法が紹介されていました。
その名も、「つまみ食い投資」という方法です。

結論から言うと、どうしてこの方法を取らないといけないのかさっぱり分かりませんでした。

このFPは「残念すぎる投資家」として、3つの悪い投資習慣を紹介しています。
でも、3つのタイプの投資家のうち、2つは悪い習慣だと思えないのです。

そして、このFPがすすめる方法が、なぜ優れているのか根拠がわからないのです。

どうして、こんな記事になってしまったのでしょうかねえ?
ちょっと理解に苦しみます。

(さらに…)

お金に関する本は微妙なのが多いよね まあ、ある意味仕方が無いのかもしれないけれど

2012年2月18日 土曜日

お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方

論理の飛躍が多い本

お金の流れを呼び寄せる 頭のいいお金の使い方」という本を読みました。
といっても、最初の数十ページで挫折しましたが。

この本はどんな本かというと、お金を積極的かつ有効に使おうという本です。
著者は、マネーがらみの自己啓発本を良く書いている人のようですね。

この本を読みはじめて先ず思ったのが、「チーズはどこへ消えた?」を読んだときの感覚に似ているということです。
具体的に言うと、自分に都合のいいことだけを書いている印象がしたのです。

都合のいい事例だけを上げ、「ほらこんなに上手く行く」と見せている感じがするのです。

(さらに…)

「勝ち組」投資家の法則―8841人アンケートでわかった! すごいタイトルだけど、企画自体は…

2012年1月25日 水曜日

上のタイトルの本を読みました。
どんな内容かというと、投資家からのアンケート調査を分析し、投資に成功している人はどんな人なのか明らかにしようと言う本です。

企画の方向性としては、面白いと思います。
でも、この本を読んで参考になるかというと、かなり微妙かな。

最大の問題は、1年間の投資結果を元に、勝ち組と負け組みを分けているという点でしょう。
1年程度の投資だと、運の要素がかなり大きいはずです。

(さらに…)

初心者向けの投資関連書籍は嘘がいっぱい

2012年1月6日 金曜日

資産運用の知識を得る方法として、投資関連書籍を読んで勉強するという方法があります。
自分で資産運用をしたいと思う方は、この方法を選ぶ人が多いでしょう。

ただ、この方法をとるのは問題があります。
何が問題かというと、初心者向けの投資本や資産運用本は内容に問題があることが多いからです。

問題がある投資入門書は次の2つのタイプに分けられます。

(さらに…)