‘ラップ口座・ファンドラップ’ カテゴリーのアーカイブ

ラップ口座・ファンドラップとは

ラップ口座というのは、凄く簡単に言うと、金融機関に資金の運用や管理を任せてしまう仕組みの事です。

ラップは、英語で書くと「wrap」で、「包むこと」というような意味ですね。サランラップのラップと同じです。包括的な口座なのでラップ口座というわけです。

ファンドラップというのは、ラップ口座の中でも、特に投資信託で運用されるものを言います。運用する対象を投資信託に絞っているので、比較的小さい額から受け入れてくれるようです。とはいっても、数百万円単位の額は必要でしょうが。

手数料が高い

全て任せてしまえるという事で、ラップ口座やファンドラップは人気があるようです。ただ、専門家の中には、かなり批判的な考えの人もいるようですね。

ラップ口座やファンドラップが良くないのは、何と言っても手数料が高い事です。特に、運用額が小さい場合は、それに対する手数料がかなり高くなります。

つまり、少額の場合はラップ口座やファンドラップは利用しない方が良いわけです。ただ、ラップ口座というのは、数千万円程度でも少額に入ってしまうでしょうけどね。

具体的にいくらというのは簡単に示せませんが、数億円単位の運用を任せるのでなければ、ラップ口座の利用は避けておいた方が良いでしょう。最近は優れた投資信託が多いので、投資信託で運用する方が賢明です。

ま、投資信託も投資信託で、問題がある投資信託も多いのですけどね。手数料が高すぎるとか。

毎月分配型投信、個人年金保険、ラップ口座は買ってはいけない| 金融庁にダメ出しされるダメ商品です

2017年11月3日 金曜日

経済評論家の山崎元氏が、「金融庁がダメ出しする運用商品ワースト3」というタイトルでコラムを書いています。具体的には、ダイヤモンドオンラインの「山崎元のマルチスコープ」の2016年9月21日の記事ですね。1

(さらに…)

  1. 金融庁がダメ出しする運用商品ワースト3
    ダイヤモンドオンライン 山崎元のマルチスコープ 2016年9月21日
    []

ラップ口座に対してマスコミが批判的なことを書くようになってきた

2015年11月18日 水曜日

少し前まで、大手マスコミはラップ口座のことを絶賛していました。「全てをプロに任せられる」とか「残高が既に○兆円」みたいな持ち上げる記事が多かったのです。

ラップ口座というサービスを認知させる片棒を担いでいたと言っても過言では無い状態でしょう。年金資金の運用先として、ラップ口座を選んだ人が多かったはずです。

(さらに…)

野村HDがラップ口座関連の新会社を設立| ラップ口座で一儲けできると考えているのでしょうね

2015年5月26日 火曜日

産経新聞によると、野村ホールディングスがラップ口座に関連した新会社を設立するようです。年内の設立を目指すという事ですね。

これに関連した産経新聞の記事を中心に、どんな会社を作るのかをチェックしてみましょう。1

(さらに…)

  1. 野村、ラップ口座で新会社設立へ 資産運用の裾野拡大で
    産経新聞 2015年5月25日 []

大和証券のファンドラップのキャンペーンを分析すると、色々なことが見えてくる

2014年10月17日 金曜日

大和証券の入り口で、ファンドラップに関するキャンペーンのチラシが配られていました。ファンドラップを新規で契約すると、最長で1年間、大和ネクスト銀行の円定期預金の金利が優遇されると言うものです。

このページでは、このキャンペーンについて見てみましょう。何故キャンペーン内容を見るかと言うと、キャンペーンの仕組みを見ると金融機関が考えていることが良く分かるからです。

(さらに…)

ファンドラップの手数料はビックリするほど高い| 月に数万円単位というレベルですよ

2013年9月3日 火曜日

ファンドラップの手数料はとても高いことを別のページで指摘しました。具体的に書くと、年3%程度の手数料がかかると考えられます。

でも、年3%といわれても、いま一つしっくりこないですよね。そこで、金額的にどの程度かかるか考えてみましょう。パーセンテージで書かれた手数料は、具体的な金額に置き換えて考えるのが大事です。

といっても、考え方としてはとても簡単です。単純に掛け算をすれば良いわけですよね。

(さらに…)

ラップ口座やファンドラップのデメリットは何だろう?

2013年9月3日 火曜日

まった額の運用をする時の金融商品として、ラップ口座と呼ばれる商品があります。また、通常のラップ口座よりも多少低い額から投資できるファンドラップと呼ばれる商品もあります。

ラップ口座がどんな商品かを一言で言うと、金融機関に運用を任せてしまう商品だと考えると分かりやすいでしょう。基本的な運用方針だけ最初に決めておいて、その後は金融機関の裁量で運用してもらうのです。

そしてファンドラップは、ラップ口座の中でも運用対象を投資対象を投資信託に絞った商品です。あなたのためにプロが投資信託を使って運用してくれるわけですね。

(さらに…)

ファンドラップってぼろい商売だよね│ 手数料を具体的な金額にしてみるとどれだけ手数料が高いのかよくわかります

2013年1月11日 金曜日

最近、各金融機関はファンドラップという商品に力を入れているようです。

ファンドラップというのはラップ口座と呼ばれる金融商品の一つです。ラップ口座というのは、簡単に言うと、金融資産の運用を専門家に丸投げしてしまう方法の事を言います。運用の方針だけを最初に話しあって決定し、後は基本的にプロに任せてしまうわけです。

(さらに…)

ファンドラップを使うよりもバランス型の投信を使えば良いんじゃないの?

2013年1月1日 火曜日

三菱東京UFJ銀行や野村証券のような店舗型の金融機関の商品に、ファンドラップと言う商品があります。いわゆるラップ口座の一種ですね。

ラップ口座と言うのは、簡単に言うと、資産運用を金融機関に丸投げするサービスです。最初に運用方針だけを相談し、具体的な運用は金融機関に任せてしまうのです。

(さらに…)

ラップ口座なんて良いこと無いと思うんだけどなあ

2012年12月30日 日曜日

三井住友信託銀行がラップ口座の契約を増やしたいと考えているそうです。社長がインタビューで答えているみたいです。

<三井住友信託銀>「ラップ口座」契約拡大の方針…常陰社長(毎日新聞)

ラップ口座と言うのは、馴染みが無い人も多いと思います。簡単に言うと、運用の丸投げ事を言います。

(さらに…)