‘ネット証券’ カテゴリーのアーカイブ

資産運用ならメガバンクや生保を使う事も出来る

個人の資産運用では、様々な金融商品を使う事が出来ます。

メガバンクを使った資産運用

例えば、メガバンクを使って運用をしている人もいるでしょう。メガバンクなら投資信託も買えますし、外貨預金だって利用できます。あるいは個人向け国債だって買う事が出来ます。

まあ、これだけ金融商品がそろっていれば、それなりにバランスよく資産運用をすることが出来るわけです。

生命保険を使った資産運用

あるいは、生保会社を使って資産運用をすることも可能ですね。養老保険や学資保険、個人年金保険などを使って運用をしている人も、少なからずいるでしょう。

生保で運用する場合は、流動性が気になりますけどね。あと、インフレに弱いのも否定できないでしょう。ただ、資産運用は一応可能です。

ネット証券の方が優れています

さて、これらの金融機関と比較して、ネット証券は明らかに優れている部分があります。投資信託の積立に力をいれているところが多いですし、銀行や生保では買えないETF やREIT を買う事が出来ます。

また、どの金融商品を買うとしても、基本的に手数料が安いのも大きなメリットでしょう。

ネット証券なら変な商品を売られにくい

さらに、ちょっと意外なメリットもあります。それは、変な金融商品を売りつけられないという点です。

メガバンクなどで資産運用をしていると、残念なことに、あまりお勧めできないような金融商品を勧められることもあるようです。これは、銀行ごとの投資信託の買い付けランキングなどを見ているとそうとしか思えないのです。

具体的に言うと、常識的に考えて上位に来るはずが無いと思われる投資信託が、上位にきていることが多いのです。あるいは、類似の手数料が安い投資信託があるのに、手数料が高い方が上位に入っていたりします。

誰かが勧めた結果そうなっているとしか考えられないですよね。

ネット証券なら基本的に自分で1から選ぶので、変な金融商品を売りつけられる確率が低いと考えられるのです。

ネット証券からメールなどで提案を受けることはあるでしょうけどね。まあ、それでも、体面の販売のように強く勧められることは無いと考えられます。

ネット証券を使う場合は自分で勉強しないといけない

もっとも、人に頼るのがダメとなると、ネット証券を使う場合は自分で勉強しないといけませんけどね。

でも、勉強するのは当然ですよね。銀行や証券会社の営業に任せたら資産が何倍にもなるなんて、そんな都合のいい話はありませんから。

特に、運用するのがせいぜい数千万円程度の庶民ならなおさらです。大手の金融機関にとっては小銭みたいなものなので、たいした便宜が払られることもありません。金融機関が売りたい商品を勧められてお終いというわけです。

結局、庶民の資産運用では、自分で勉強するしかないわけですね。

証券会社の営業職はノルマに追われているって言うけどね| 金融機関の営業を信頼しすぎるのはやっぱり危険だね

2013年6月3日 月曜日

SMBC日興証券の社員が、かなり悪質な営業をしているという事実があるようです。どんなことをしているかというと、認知症の人が所有する他社商品を弟になりすまし勝手に売却していたのだそうです。そして、自社商品を買わせたのだとか。

認知症女性の5千万解約、日興社員「実弟」偽る(読売新聞)

(さらに…)

投信積立の銀行引き落としが可能に│ SBI証券

2012年12月18日 火曜日

SBI証券からお知らせメールが届きました。そのメールによると、投資信託の積立が便利になると言う事です。具体的に何が便利になったかというと、積立の資金を銀行から自動引き落としできるようになったようですね。

これまでは、SBI証券の口座に予めお金を振り込んでおくか、住信SBIネット銀行を使った引き落としくらいしか方法がありませんでした。投資信託の積立機能が、かなり使いやすくなったと言って良いでしょう。

(さらに…)

CFDって人気でなかったんだね│ 楽天証券でCFDサービスが終了へ

2012年11月23日 金曜日

2013年の2月2日の朝をもって、楽天証券のCFDサービスが終了するようです。

CFDというのは、contract for difference の略語です。日本語では、差金決済取引と呼ばれます。

おおざっぱな言い方をすると、CFDはFXの親戚のような商品です。FXは通貨の差金決済だけを扱いますが、CFDはそれ以外の商品に拡大したものと考えられます。

(さらに…)