このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ムーディーズがソニーをジャンク債に格下げ| アベノミクスの恩恵も届かなかったのかな?

ムーディーズがソニーの長期債務格付けを格下げしました。具体的には、「Baa3」から一つ下げて、「Ba1」へ格下げしたようですね。1

実はこれは、単なる格下げではありません。非常に影響が大きいものです。

なぜ影響が大きいかというと、「Ba1」というのは投機的とされる等級だからです。つまり、「Baa3」と「Ba1」が投資適格と投機的の境目になっているわけです。

投機的というのは、言い換えると、ソニーの債券がジャンク債2 になったということですね。これを見ると、ソニーの社債への投資に二の足を踏む投資家も増えるでしょう。

アベノミクスの恩恵は無かったのか?

でも、これってちょっと不思議ですよね。景気が悪い時期ならいざ知らず、今の経済状況で格下げっていうのは考えにくいですから。

特に家電メーカーは、アベノミクスの影響で一息ついたところも多かったはずです。業績回復のニュースを頻繁に目にしました。

もちろん、全体が良くても個々の会社が悪いということはありえます。ソニーの場合も、日本経済の回復に乗れなかったのでしょうか。

ちょっと気になったので、株価をチェックしてみました。過去2年の株価をTOPIX と比較したのが次のグラフです。

027

これを見ると分かるように、安倍政権誕生以前は業績悪化で株価が低迷していました。しかし、アベノミクスへの期待で、株価が急上昇しているのが分かります。ここまでは他の家電メーカーと同じ動きでしょう。

しかし、比較的早い段階から期待が禿げているようです。緩やかに上昇しているTOPIX に対して、大きく下げているという印象です。

他の会社ほどアベノミクスの恩恵は無いと、市場が判断したのでしょうね。格下げも市場の判断と一致しているということみたいです。

まあ、株式のチャートを見ただけの感想ですけど、大体こんな流れなのでしょう。興味がある人は、決算データでも追ってください。

それにしてもソニーの復活は無いのでしょうかねえ。このままだと、過去の栄光にすがっているだけの会社という印象しかありません。


  1. ■ ソニー格下げ、「投機的」に…収益が下方圧力と(読売新聞)2014年1月27日 []
  2. ジャンクボンド:元利金の回収の確実性が低い(格付けBB以下)債券。低い格付けなので、ハイリスクハイリターンであり、レバレッジドバイアウトの資金調達手段などに活用される。(デジタル大辞泉) []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。