このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

外貨預金はポピュラーだけど、おすすめはできません

個人の資産運用に使える金融商品として、外貨預金を思い浮かべる人も多いでしょう。
銀行が扱う商品と言う事で、比較的安心感もあるかもしれません。

しかし、外貨預金は絶対に避けましょう。
正直に言って、お勧めできる点がほとんどありません。

他の金融商品では、メリットとデメリットを併記してご紹介する事が多いです。
でも、外貨預金に関しては、なぜ避けたほうがいいのかをご紹介します。

それくらい問題だらけの商品です。

銀行がつぶれたら大変な事に

外貨預金の最大の問題点は、他の預金のように守られていないと言う点でしょう。

基本的に、銀行預金はペイオフという仕組みで守られています。
仮に銀行が倒産しても、元本1千万円とその利息は戻ってくるのです。

しかし、外貨預金はペイオフの枠から外れています。
ですから、銀行が倒産した場合、預金が1円も戻ってこない可能性があるのです。

銀行だから安心と言う感覚は、捨ててください。

日本の銀行の外貨預金は金利が低い事が多い

2つめのポイントは、海外と比べた場合の金利の低さです。
日本の銀行で外貨預金をすると、海外で預金した場合よりも金利が低い事が多いのです。

例えば、日本で豪ドル建ての預金をした場合と、オーストラリアで豪ドル建て預金をした場合を比べたとします。
多くの場合、オーストラリアで預金したほうがかなり金利が高いのです。

外貨預金というのは、通貨が発行されている現地と同程度の金利が付くものと思っている方も多いでしょう。
しかし、実は、そうではないことは覚えておきましょう。

手数料が高い

外貨預金を始めるとき、日本円を現地の通過に変えないといけません。
実はこのときに、手数料がかかっています。

あるいは、外貨を日本円に戻すときにも手数料がかかります。

この手数料が高い事も、外貨預金をおすすめできない理由の一つです。
通貨によってはこの手数料だけで、1年分くらいの金利が吹っ飛びます。

為替リスクも忘れずに

当然ですが、外貨預金には為替リスクがあります。
為替の影響で、大きく元本割れをする可能性もあるわけです。

為替のリスクを取る事自体は、別段悪い事ではありません。
それに見合うリターンがあれば、リスクを取ると言う選択があってもいいでしょう。

しかし上に書いたように、日本の銀行でする外貨預金は、低金利で手数料が高いのです。
正直に言って、リスクを取ってまでする価値があるとは思えません。

外貨建のMMFを利用しよう

ここまで書いたように、日本の銀行でする外貨預金は酷いものです。
巷で危ないと思われているFXの方が、投資家が搾取されていないと言う意味ではまだマシでしょう。

ということで、外貨預金を始めようなんて考えは、さっさと捨てましょう。

それでは、外貨預金に変わる良い商品は無いのでしょうか?

どうしても外貨預金に近い商品を買いたければ、外貨建のMMFを買うのが良いでしょう。
詳しい説明は避けますが、金利の面でも手数料の面でも安全性の面でも、外貨預金よりは優れた商品です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。