このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

長期金利が1年2ヶ月ぶりの低水準に それでも急いで消費税率を上げないといけないの?

日本の長期金利が、1年2ヶ月ぶりの低水準になったそうです。
具体的に言うと、新発10年もの国債の利回りが0.935%をつけました。

毎日新聞の記事の中では、その原因を次のように解説しています。

欧州債務危機への懸念が再燃し、財政不安国の国債や比較的リスクの高い株式から、相対的に安全な資産とされる日本国債が消去法的に買われた。
http://mainichi.jp/select/biz/news/20120117k0000m020079000c.html

最近の経済動向は、欧州の財政不安が原因と説明される事が多いようですね。
今回の件もそうですし、円高ユーロ安も同様の解説がなされています。

でも、正直に言って、この説明には違和感を感じます。
日本国債は比較的安全と言われている一方で、現内閣は財政再建が必要だから、消費税を急いで上げようと主張しているからです。

こうはどう考えても矛盾していますよね。

記事の解説が正しければ、政府の主張は間違っています。
長期的に財政再建を目指すとしても、直ぐに消費税を上げないといけないと言う切迫性はないことになります。

だって、マーケットから信頼されているわけですから。

逆に、政府の危機認識が正しければ、記事の主張が間違っていることになります。
現在の円高や低金利の原因は、日本経済が健全であると言う上の解説とは違う原因で起こっているはずです。

まあ少なくとも、今のマーケットの状況を見る限り、急いで消費税を上げる必要性は大きく無さそうに感じます。
記事の説明が正しいかどうかは別にして、日本経済が早晩ダメになるとは考えられないので、国債の金利が下がるわけですから。

それでも早急に税率を上げないといけないと主張するなら、政府には納得いく説明をしていただきたいものです。
現政権の説明は、不十分ですし、よく分からないんですよね。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。