このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

個人がお金を増やそうと思えば投資信託が便利 でも、ちょっと問題点も

投資経験の少ない個人が資産運用を考える場合、投資信託は最も便利な商品の一つでしょう。
投資信託を使えば、小額で十分な分散投資が可能です。

また、投資信託は銀行や証券会社など、さまざまな場所で購入する事が出来ます。
その意味でも、扱いやすい商品と言えます。

しかしその一方で、投資信託には大きなデメリットもあります。

このページでは、投資信託の主要なメリットとデメリットを紹介します。
投資信託を選ぶときの注意点について考えてみましょう。

投資信託の主なメリット

●小額から投資が出来る
多くの投資信託は、1万円から投資が出来ます。
投資初心者には大変便利です。

●分散投資が出来る
投資信託を一本買うだけで、ある程度の分散投資が可能になります。
分散投資はリスク低減の基本ですから、大きなメリットと言えるでしょう。

●購入できる場所が多い
銀行や証券会社など、色々なところで購入できるのが投資信託の特徴です。

●積立が出来る
一部の金融機関では、投資信託を毎月積立てる事が可能です。
このサービスに関しては、ネット証券が特に力を入れています。

投資信託の主なデメリット

●手数料が高い
あまり知られていませんが、投資信託はかなり手数料がかかる商品です。
手数料がネックになって、パフォーマンスに影響が出る事も多そうです。

●元本割れのリスクがある
投資信託は元本保証の商品ではないので、元本割れのリスクがあります。
特に、株式や外債に投資する投資信託は、大きく元本割れする可能性があります。

手数料の高さが最大のネック

上に挙げた以外にも、投資信託にはさまざまなメリットがあります。
個人的には、初心者が購入する投資商品としては大変優れていると思います。

ただ、手数料の高さはどうしても気になります。
この点は十分に考える必要があります。

このデメリットを避ける為に、投資信託を買うときにはインデックスファンドを買うようにしましょう。
インデックスファンドなら、手数料的にも納得できる水準です。

インデックスファンドや具体的な選び方については、また別のページで説明する事にします。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。