このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ファンドラップの手数料はビックリするほど高い| 月に数万円単位というレベルですよ

ファンドラップの手数料はとても高いことを別のページで指摘しました。具体的に書くと、年3%程度の手数料がかかると考えられます。

でも、年3%といわれても、いま一つしっくりこないですよね。そこで、金額的にどの程度かかるか考えてみましょう。パーセンテージで書かれた手数料は、具体的な金額に置き換えて考えるのが大事です。

といっても、考え方としてはとても簡単です。単純に掛け算をすれば良いわけですよね。

仮に1,000万円をファンドラップで運用したとしましょう。上記の通り手数料を年3%としましょう。このときの年間の手数料は、30万円になります。

元本500万円なら15万円、元本2,000万円なら60万円、元本3,000万円なら90万円です。こうやって書くとイメージしやすいですよね。ですから、パーセントで書かれた手数料は、金額になおしてみることが大事なのです。

年間30万円ってどう思います

1,000万円の資産運用で年間30万円の手数料ってどう感じますか。かなり高いという印象を持ちませんか。

月額になおすと、2万5,000円ですよね。元本1,000万円を運用して、月額で2.5万円の収益をコンスタントにあげるのは簡単ではありません。そう考えると、やっぱり高いといわざるを得ません。

さらに、ファンドラップで10年運用すると仮定しましょうか。そうすると手数料の総額は、300万円にもなります。つまり、サラリーマンの年収分くらいの手数料を払うことになるわけです。ここまで書くと、手数料の高さが体感的に分かって頂けるでしょうか。

もちろん、手数料に見合うようなメリットがあれば、月に2万5,000円でも喜んで払いますけどね。所詮な投資信託を使った運用ですから、前のページで書いたように、そこまでのメリットがあるとは思えません

繰り返しますが、手数料がパーセント表示されている時には、具体的な金額になおしてみましょう。そうすると、その金融商品のコストが見えてきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。