このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

個人向け国債で資産運用 そのメリットとデメリット

元本保証の金融商品の中で、特におすすめできるのが個人向け国債です。率直に言って、定期預金や養老保険などの他の元本保証商品よりも遥かに優れています。

個人向け国債の具体的なメリットは何なのでしょうか。そして、デメリットが有るとしたらどんな点なのでしょうか。

確認してみましょう。

個人向け国債って何?

個人向け国債は、名前から分かるとおり、国債の一種です。国債というのは、国の発行する債券のことですね。ちょっと大雑把な言い方ですが、国の借金と言ってもいいでしょう。

ですから個人向け国債を買うと言う事は、国にお金を貸すことを意味します。つまり、テレビや新聞のニュースで取り上げられる「国の借金〇〇兆円」の一部は、私達が貸しているわけです。

安全性が高いが儲からない

お金を貸す相手が国ですから、高い安全性が期待できます。どこかの個人に貸すよりは、よっぽど信頼できますよね。

資産を安全に運用したいと言う人には、最適の金融商品と言えるでしょう。 もちろん、元本保証です。 1

ただ逆に、大きく増やしたい人には不向きな商品でもあります。信用が高い相手にお金を貸すときは、金利が安くなるのが金融の基本だからです。

それでも、普通預金や定期預金などと比べると、有利な条件であることが多そうです。安全な上に有利なわけですから、優れた選択肢の一つであることは疑いようがないでしょう。

こういう商品ですから、数年後に使う事が確定しているお金の運用などに力を発揮しそうです。元本保証で国が発行しているという信頼の高さがありますからね。

3つのタイプがある

ちなみに、個人向け国債には3つのタイプがあります。「固定3年」「固定5年」「変動10年」の3つです。

名前からわかるように、運用できる期間が3年、5年、10年と決まっています。ただ、途中解約はできるので、固定5年の個人向け国債を買っておいて、4年で解約するということも可能です。

もっとも、途中解約にはペナルティがあります。1年分の金利を手数料として取られるのです。

ですから、将来的に解約するタイミングが決まっている場合は、解約のペナルティまで含めて商品を選ぶことが重要でしょう。

ただ、一般的には期間が長いほど金利は高くなるので、3年で解約することが決まっていても、変動10年を買って3年で解約するのが有利ということもあります。このあたりは、ちょっと頭をつかうところです。

また「固定」「変動」という表現からわかるように、3年もの、5年ものの個人向け国債は、固定金利です。10年ものの個人向け国債は変動金利です。

個人向け国債の基礎知識としては、だいたいこんなところでしょうか。

それでは個人向け国債の特徴を、もう少し見ていきましょう。個人向け国債の主なメリットとデメリットを書き出してみると、次のようになります。

個人向け国債のメリット

●手軽に購入できる
個人向け国債は、1万円から手軽に購入できます。手軽に投資を始められるのは大きなメリットといえるでしょう。

●安全性が高い
国が発行する債券なので、安全性という意味では文句なしに優れています。

●中途解約しても元本割れが無い
個人向け国債の最大の特徴が、元本割れを気にせずに中途解約できる点です。

●銀行の定期預金よりは利回りが良いことが多い
メガバンクの定期預金に比べると、かなり利回りはいいようです。ただ、ネット銀行で金利がいいところだと、個人向け国債と同程度のところもあります。

●変動10年なら市場の金利の変化に対応できる
変動10年タイプを使っている場合は、市場の金利の変化に対応できるとういメリットがあります。なぜかというと、10年もの利付国債の金利を参考に決められるからです。 ということは、日銀の金融政策が変更されて金利が上がった場合、勝手に個人向け国債の金利も上がるのです。つまり、低金利の時代には特に優れていると言えます。

個人向け国債には、以上のようなメリットがあります。「安全確実」を嗜好する人にはぴったりの商品ですね。

また、解約もしやすいですし、低金利の金融商品の中では有利です。

個人向け国債のデメリット

●一定期間解約が出来ない
個人向け国債は、一定期間解約ができません。ですから、直ぐ必要になる可能性が高いお金の運用には向きません。1年以内で解約をする可能性がある場合は、向きません。

●たいして儲からない
現在の低金利の状況では、それほど儲かるものではありません。積極的に増やしたいと言う人のは向かない商品です。

●いつでも購入できるわけではない
個人向け国債は、ほしいときにいつでも買える商品ではありません。募集しているタイミングでしか買えないのは、ちょっと面倒ですね。

●積立には利用できない
個人向け国債は積立には向いていません。積立のように運用したければ、毎月自分で応募して、買っていくしかありません。 ちょっと現実的では無いので、普通預金などで貯めて、半年に1回などのペースで、まとめて買うことになるでしょう。

安全に運用したい人にはメリットが大きい商品

上に挙げた特徴から分かるように、個人向け国債は安全に運用した人には良い商品だと思います。解約をしても元本割れしないので、一時的なお金の置き場所を考えている人にも、おすすめできます。

その一方で、大きく増やしたい人には全く向きません。


個人向け国債で資産運用するのは賢い選択| 特に「変動10年」がおすすめ


  1. 実は、個人向け国債は、途中で売った場合も元本保証です。これは、他の債券との大きな違いです。 []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。