このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

NISA とは| 節税につながりますから、しっかりチェックしておきましょう

最近金融業界では、NISA について盛り上がっています。でも、NISA って一体何なのでしょうか。何か有利な制度みたいですけどね。

そこで、NISA について、簡単に整理しておきましょう。

まずは、野村證券の用語集から引用してみましょう。

上場株式や株式投資信託等の配当所得や譲渡所得にかかる税金が非課税となる制度で、2014年1月1日から導入が予定されている。

(中略)

「NISA」の非課税口座を利用することで、最大500万円(毎年100万円×5年間)までの上場株式や株式投資信託の値上がり益や配当、分配金が最長10年間非課税となる。有資格者は、20歳以上の日本の居住者。

ちなみに、NISA は「ニーサ」と読むのが正しいそうです。

この説明から分かるように、NISA の口座を開くことで、運用益や配当額が非課税になります。具体的には、所得税や住民税が無料になります。

運用額で最大500万円までなどの制限はありますけどね。庶民にとって有利なのは間違いありません。

NISA を使わない場合の税率は2割なので、運用益が50万円出た場合だと10万円のお得ということになります。もちろん、損をした場合は税金は関係ないので、NISA かどうかは特に影響しませんけどね。

ちなみに、NISA の口座は一人につき一つしか持つことができません。例えば、A証券とB銀行にNISA の口座を持つようなことは出来ないのです。

さらに付け加えると、NISA 口座でどんな商品が取り扱われるかは、金融機関によって異なるようです。その意味では、注意が必要ですね。

さらに言うと、一度NISA の口座を作ると、別の金融機関に口座を移すことは容易ではないようです。

これらの点を考えて、何処でNISA の口座を作るかは、ゆっくり決めるのが良いと思います。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。