このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

中国ってタイよりも人件費が高いんだ| 生産拠点としては徐々に撤退なんだろうな

日経新聞に興味深い記事が出ていました。中国の人件費が3年で6割も増えたと言うのです。3年で6割ってかなりのハイペースですよね。記事に書かれたことが本当なら、中国に生産拠点を持っている企業には大きな打撃でしょう。

中国の人件費、3年で6割増 アジア新興国で最高
製造業の流出加速も

3年で6割も伸びたとすると、今後も人件費の伸びは続く可能性も大きいですよね。ということは、中長期的に見れば、かなりのコスト増要因です。多くの企業で中国での生産縮小も視野に入っているのでしょうね。利益率の低い軽工業だと特に。

中国の方がタイよりも人件費が高い

短期間で6割も人件費が増えたと言うのは確かに驚きです。しかし個人的にさらに驚いたのが、他国との人件費の比較です。既にタイヤマレーシアを上回る水準なのだとか。

タイヤマレーシアは、私の中では、かなり人件費が高い国という認識がありました。そこよりも既に中国の方が高くなってしまったのですね。

中国国内での商業活動は、もともと色々と難しい面があります。これだけ高コストになった後も、中国にとどまるメリットは大きいとは言えないでしょう。中国国内でも販売しているユニクロのような所は別にして、縮小は必然の流れでしょうね。

でも、外資が続々撤退するような事態になったら、中国経済は大丈夫なのでしょうか?中国政府としては、内需を増やして国内経済主導の成長をしたいのでしょうけどね。気になるところではあります。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。