このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

初心者向けの投資関連書籍は嘘がいっぱい

資産運用の知識を得る方法として、投資関連書籍を読んで勉強するという方法があります。
自分で資産運用をしたいと思う方は、この方法を選ぶ人が多いでしょう。

ただ、この方法をとるのは問題があります。
何が問題かというと、初心者向けの投資本や資産運用本は内容に問題があることが多いからです。

問題がある投資入門書は次の2つのタイプに分けられます。

基礎的な内容が間違っている本が多い

一つは、書籍としての方向性は正しいものの、基本的な内容の事実誤認が多い本です。
投資の理論の基礎的な部分などで間違っている本は、意外と多いです。

とくに、ファイナンシャルプランナーや金融系のジャーナリストを名乗っている人の本には間違いが多いように思います。

彼らは広く薄く知識を蓄えます。
ですから、個々の分野の知識としては、素人に毛が生えた程度という事が多いのではないでしょうか。

もちろん、詳しい人もいますけどね。

内容的に間違っていても、投資初心者が気づくのは難しいと思います。
知らない人に間違った知識を与えると言う意味では、かなり問題ですね。

個人の成功体験を普遍的なルールと勘違いしている本は危険

もう一つは、個人の成功体験に基づいて書いてある本です。
「私はこんなふうにしたらうまく行ったから、あなたもやってみなさいよ」と言う感じの本ですね。

これらの本は、たまたまタイミングなどの状況が良く、著者の投資がうまく行ったというケースがほとんどです。
それなのに、自分の成功体験を普遍的なルールであるかのような書き方がされています。

本に書いてある内容を信じて投資をしたら、大変危険です。

初心者が良い投資入門書を探すのは難しい

もちろん、資産運用の入門書は酷い本ばかりではありません。
それでも、かなりの確率で、上に書いたような問題の有る本があります。

何も知識がない人が、本屋などで良い本を選ぶのはほとんど不可能です。
ですから、一般的な方法ですが、書籍から知識を得るのはとても危険な方法と言えます。

それではどうすれば良いかというと、信頼できる人が書いた本や推奨している本を選ぶしかないでしょう。
このサイトの中でも紹介していけたらと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。