このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

「貯蓄から投資へ」って本当?│ 庶民には貯蓄の方が優先順位が高いはず

バブル崩壊以降、「貯蓄から投資へ」ということをいう人が増えました。金利の低い銀行預金ではなく、リスクを取って投資をしようという考え方です。具体的には、預金をやめて次のような金融商品への投資をすすめる事が多いようです。

・ 株式投資
・ 投資信託
・ 変額年金保険
・ 外貨預金

かなりリスクを取っても年6%程度しか増えない

さて、「貯蓄から投資へ」といった時の「投資」とはいったい何を表すのでしょうか。上にも書きましたが、この言葉は、「バブル崩壊後金利が下がったので投資をしよう」というような文脈の中で使われます。そうであるのなら、この場合の「投資」は、運用をしてお金を増やす事を意味するのでしょう。

ここで一つの疑問が出てきます。庶民の場合、資産運用をする事でどの程度お金を増やせるのでしょうか?

庶民が購入可能な金融商品を考えると、かなりリスクを取っても年平均6%程度増やすのが限界のように思えます。6%と言う数字がどこから来るかというと、株式投資の期待収益率から来ています。年金基金などが公表している期待収益率を見ると、このあたりが妥当のようなのです。

ちなみに、期待収益率というのは、1年後にどのくらい金融資産の価値が増えている事が期待されるかをあらわす数字だと思ってください。期待収益率が6%だったら、平均的な結果なら6%程度は資産価値が増えていると言う事です。株式投資には変動リスクがあるので、実際はどうなるかわかりませんけどね。

仮に1,000万円投資したとすると

年6%という言い方だと感覚的にわかりにくいところもあります。そこで、実際の金額で考えてみましょう。

ある家庭では1,000万円を金融資産に投資しているとします。この家庭では強気の運用をしているので、全てを株式に投資しているとしましょう。

期待収益率が6%とすると、1年後には60万円増やせている事になります。投資資金が1,000万円あって、かなりリスクを取っても60万円程度しか増やせないという事ですね。

60万円増やすなら貯蓄の方が簡単

ところで、年間60万円貯めるのは、一般の家庭でも難しくないでしょう。月々5万円貯蓄すれば、1年後には60万円貯まっています。ボーナス時にまとめて貯蓄できるのなら、月々の貯蓄はさらに少なくて済むでしょう。

この2つを比べるとわかるように、庶民の場合は増やす事を考えるよりも貯める事を考えた方が良さそうです。貯蓄の方が確実ですし、それ程難しいことではありませんから。すくなくとも、運用して増やす事を考えるよりも得策です。

まず貯める事を考えよう

以上のような理由で、庶民の場合はまずどうやって貯めるかに意識を集中する事をおすすめします。投資で増やす事を考えるのは、貯蓄方針が決まった後です。

もちろん、投資で増やす事を考えるのがいけないわけではありません。効率的に増やす事ができるのなら、積極的に行なうべきです。

ただ、手順としては、貯蓄の方がやりやすいと言う事です。「貯蓄から投資に」というよりは「貯蓄してから投資に」というふうに考えるといいでしょう。

まとめ:
「貯蓄から投資」ではなく「貯蓄してから投資」が現実的

スポンサードリンク

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。