このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

養老保険を積極販売? かんぽ生命は何を考えているのだろうか

養老保険という貯蓄型の保険を積極的に販売するかんぽ生命。

低金利の時代にこの保険を積極的に売るのはいかがなものだろう?
販売姿勢として疑問を感じる。

間違っても、選ばないようにしたい商品だ。

先日、テレビを見ていたら、「新フリープラン」という商品のCMが流れていた。
「新フリープラン」というのはかんぽ生命の商品で、養老保険と呼ばれるタイプの保険だ。

CMを見ていると、どうも、家庭を持っていない若い人を加入させたいらしい。
でも、正直に言って、このメッセージにはかなりの違和感を感じた。

時代に合わない養老保険

まず養老保険というのは、貯蓄型の商品で、固定金利の商品だ。
つまり、将来的に金利の上昇があっても、そのメリットを受けられない。

しかも、保険は解約しにくい商品だ。
条件が悪いと知りつつ、保険契約を続けないといけない。

ということは、「新フリープラン」と言う商品は、どちらかと言うと避けるべき商品なのだ。
現在のように低金利の時には、絶対に選ぶべきでない。

そんな商品をCMまで流して積極的に売りたがるという行為は、どうにも納得できない。
売れれば何でもいいという事なのだろうか?

そもそも生保各社では、最近は養老保険を積極的に勧めたりはしない。
なぜかんぽ生命だけが積極的に売ろうとするのだろう。

本当に疑問である。

未婚の世帯で生命保険は要らない

もう一つ疑問なのが、未婚の若い人にも生命保険を売ろうとしているという点だ。

一般に、単身世帯では生命保険に入る必要はないとされている。
生命保険に入るよりも違う金融商品を選ぶのが常識と言っていいだろう。

なぜかと言うと、単身世帯の場合はその人が亡くなっても経済的に困る事がないからだ。
という事は、かんぽ生命は必要の無い商品を売ろうとしているのだ。

かんぽ生命は、現在のところ、実質的には国有企業だ。
その国有企業が、消費者にメリットの小さい商品を売ろうとしているのには大いに疑問を感じる。

国営企業が国民に不要な商品を売りつけようとしている。
何を考えているのだろう?

死亡保障の保険を売るのなら、まだ医療保険でも勧めたほうが良心的だろう。
まあ、医療保険も要らない可能性が大きいが。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。