このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

インデックスファンドは初心者におすすめ?│ 本当に初心者向けの投信なのか?

楽天証券では、希望者に対して「投資信託ニュース」というメールを定期的に配信しています。正直に言うと、普段このメールを見ることはほとんどありません。先日たまたま開いてみたときに、面白いものを見つけました。

今回記事の中で紹介されていたのは「雑誌で紹介された話題のファンド(12月号)」と「初心者にオススメの低コストなインデックスファンド」の2本でした。どちらも内容的にはそれ程興味を引かれるものではありませんが、2本目の記事の「初心者にオススメの」と言う部分に妙に変に引っかかってしまいました。

初心者向けの投資信託って何だ?

「インデックスファンドって、初心者の為だけのものじゃないよね」というのが、今回引っかかったポイントです。もっというと、初心者にはすすめられるけど上級者にはすすめられないファンドなんて、そもそもあるのだろうかと思うのです。

逆はあると思うのですけどね。高度な金融工学を駆使した、何をやっているのか素人にはわかり辛いファンドというのは、確かに存在します。こんなものを素人が買ったら、大怪我をする可能性すらあります。

もっとも、上級者ぶっている人が買っても、大損をする可能性は小さくありませんけどね。まあ、少なくとも、初心者は手を出すべきではないでしょう。

でも、初心者には向くけど上級者には向かない金融商品なんて、存在するとは思えません。初心者が買っても儲かる投資信託なら、上級者が買うことだってあるはずです。実際、いわゆる機関投資家の多くも、インデックスファンドを軸にして運用しています。

ちなみに、インデックスファンドを初心者向けであるかのように表現するのは、この記事に限った事ではありません。他の雑誌や書籍などでも「初心者向け」と言うような書き方をされる事が多いです。何回か目にしたことがあります。

インデックスファンドは確かに初心者にもオススメできる

ところで、そもそもインデックスファンドと言うのは何なのでしょうか?大事なポイントなので、確認しておきましょう。

インデックスファンドとは

インデックスファンドのインデックスは、指数と言う意味です。TOPIX や日経平均株価指数などの指数を指していると考えてください。

これらの特定の指数と連動するファンドだからインデックスファンドと言います。

連動すると言うのは、ここでは、同じ割合で値動きをするという意味です。つまり、何かの指数が1%上がれば投資信託の基準価額も1%上がり、何かの指数が2%下がれば基準価額も2%下がるといった値動きをします。

実際には完璧に同じと言うわけには行きませんが、かなり近い値動きをします。

ちなみに、インデックスファンドは株式指数に連動するものだけではありません。債券指数やREIT 指数などと連動するものもあります。

インデックスファンドが優れている理由は、インデックスファンド以外の投資信託(アクティブファンドと言います)の比べ投資のパフォーマンスが良い点にあります。

もちろん、インデックスファンドよりもパフォーマンスが良い投資信託は存在しますけどね。しかし、アクティブファンドのパフォーマンスの平均と比べると、インデックスファンド方が優れているのです。

例えば、TOPIX に連動するインデックスファンドなら、日本株に投資する投資信託の平均よりもパフォーマンスがよくなる事が多いというわけですね。

インデックスファンドは、選ぶのが簡単であるという点も、初心者に向いているかもしれません。指数に連動するだけなので、あまり難しいことを考える必要が無いのです。

ネット証券の検索機能で検索し、手数料が安いところを選べばそれでお終いです。基本的な構造さえわかっていれば、誰でも簡単に選ぶことが出来ます。

プロも使っているインデックスファンド

パフォーマンスが良くて、選ぶのも易しければ、初心者が選ぶには良いファンドでしょう。でも、上に書いたように、初心者にオススメという表現をするのにはやっぱり違和感を感じます。

というのも、インデックスファンドは万人にすすめられる物だからです。実際、プロもインデックスファンドは使います。

そもそも、インデックスファンドを初心者向けであるかのように書く裏には、上級者ならアクティブファンドの中から儲かるファンドを選べるという意図があるように思います。初心者は自分で選べないからインデックスファンドのような商品を選べばいいという感じですね。

でも、はっきり言って、将来的にパフォーマンスが良い投資信託を選ぶ事なんて、投資経験があっても不可能なのです。そんなことが可能なら、いわゆる年金基金や生保などの機関投資家は、もっとうまく運用できているはずなのです。

それに、いわゆる機関投資家も、運用の中心はインデックスファンドです。プロとして運用している人たちですら利用する投信ですから、初心者向けと言うのはおかしいんですよね。

現状を考えると、インデックスファンドは投資経験にかかわらず有利な投資信託といえるでしょう。初心者は向けであるかのような変な先入観は、あまり良いものだとは思えません。

もっとも証券会社としては、インデックスファンド以外の投信を買って欲しいと言う本音があるのかもしれません。金融機関にしてみると、インデックスファンドを売っても、たいして儲からないのです。手数料が安いですから。

ですから、みんなでインデックスファンドを買いましょうとは、なかなか言いにくいのかもしれませんね。ちょっと深読みしすぎでしょうか。

投資経験が多い人の方がインデックスファンドを使っている印象

もっと言ってしまうと、投資経験がある人の方がインデックスファンドを使っている印象があります。裏付けになる証拠は無いので、あくまでそう感じるという話ですけど。

そう考える根拠は、銀行や証券会社などに投資相談に行くと、インデックスファンドを勧められることはまれだからです。大体手数料が高いアクティブファンドを勧められます。

これは金融機関においてある投資信託のパンフレットを見るとよく分かります。金融機関がパンフレットにして並べているのは、アクティブファンドがほとんどです。

あるいは、金融機関のサイトで紹介されている投資信託の買い付け額ランキングを見ても、メガバンクのランキングにはアクティブファンドが並んでいる印象です。一方で、投資に興味を持っている人が多いであろうネット証券では、インデックスファンドもランキングに入っています。

さらに、上にも書きましたが、機関投資家はインデックスファンド中心で運用していますしね。分かっている人の方がインデックスファンドを選ぶという事ではないでしょうか。

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。