このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

冬のボーナスにおすすめの投資信託…ですって│ SBI証券

ネット証券のサイト内を見ていると、おすすめの投資商品が紹介されている事がよくあります。今回見つけたのもそんな情報です。SBI証券のサイト内で、おすすめ投信として6本の投資信託が紹介されていました。

この6本は「『しっかり派さん』と『欲張り派さん』の、冬のボーナスで買ってみたい投資信託」というタイトルの記事のなかで紹介されていたものです。「しっかり派さん」向けとして比較的リスクが低い感じがする投信3本と、「欲張り派さん」向けとしてハイリスクハイリターンの投信3本が紹介されています。。具体的には、それぞれ次の3本です。

●「しっかり派さん」におすすめのファンド
フォーシーズン: 日興
SBIセレブライフ・ストーリー2045: SBI
野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i): 野村

●「欲張り派さん」におすすめのファンド
グローバル・ヘルスケア&バイオ・オープンAコース(為替ヘッジあり): 国際
ハーベスト・アジア フロンティア株式ファンド: SBI
オーストラリア高配当株プレミアム(毎月分配型): 大和住銀

この投信紹介記事の詳細については、SBI証券のサイトをご覧ください。

SBI証券

ここで挙げた6本をおすすめするわけではないが

個人的には、ここであがっているような投資信託を必ずしもおすすめするわけではありません。それでも、投資信託を買ったことがない人や投資経験が浅い人でしたら、参考にはなるでしょう。

現在SBI証券が取り扱っている投資信託は、1,000本を超えています。投資経験が無い人が、これだけの数のファンドの中から1本を選ぶのは、そうとう難しいことです。もう、勘で選ぶしかないレベルですよね。ですから、こういう記事が参考になるはずなのです。

もちろん、きっちり勉強して、最終的には自分で選んで買えるようになるのが望ましい事です。でも投資においては、時間を見方につけるために早く投資する事も大事なことです。自分で選ぶことができるようになるまでのつなぎ的な意味合いで、こういうファンドに手を出すのは、必ずしも悪い事ではないでしょう。

「しっかり派さん」向けのファンドで新興国の債券ファンドを選ぶのはちょっと疑問

最後に、上の6ファンドのうち1ファンドについてだけ言及しておきましょう。その1本は「野村インデックスファンド・新興国債券」です。

「欲張り派さん」向けのファンドは、高いリスクを取れる人向けの商品ということでしょう。ですから、ある意味、どんなファンドをすすめていても文句はありません。

その一方で、「しっかり派さん」向けの商品は、ある程度リスクを抑えたファンドを紹介しているはずです。ただ、その観点で考えると、「野村インデックスファンド・新興国債券」はちょっと毛色が違うように思うのです。率直に言ってそれ程リスクが低いとは思えないんですよね。

為替のヘッジをしていますから、為替変動に対してはそれ程気にする事はありません。しかし、新興国の債券はそれ程リスクが低くはありません。ですから、「しっかり派さん」のファンドに入れるのは、理にかなわないと思うのです。

債券のファンドは安全なものだと思っている人も多いでしょう。でも、必ずしもそうとは言えないのです。

この投信自体は、決して悪いファンドだとは思いません。ですから、購入してはいけないとは言いません。でも、低リスクのファンドを希望している人にはちょっと向かないように思うのです。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。