このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

高金利りの外債はすごく有利?│ そんなアホな

今回は、ちょっと刺激的なタイトルをつけました。
でも、これから書くことを考えると、本当にそうだと思います。

まず、このことについて書こうと思った経緯から。

某証券会社で見つけた一枚のチラシに、SBAB銀行ABというところの債券を紹介するものがありました。
スウェーデンの旧住宅金融公社みたいですね。

この売り出しの仮条件が非常に興味深かったのです。

この事実を知っていただけば、利回りが良いからという理由だけで外債買うなんて愚行は避けられるはずです。
あるいは、外貨預金や外債の投信なんかもそうですね。

一つの銀行が3通貨建てで債券を発行

それでは、チラシの内容をご紹介します。

まずこの銀行では、3種類の通貨で債券を発行するようです。
具体的には、円建て、豪ドル建て、南アフリカランド建ての3つです。

満期は微妙に違っていて、円建てだけが5年で、その他の2通貨建ての債券は4年となっています。

さて、ここからが興味深いところです。
この3つの債券の仮条件として提示された利率が通貨によってぜんぜん違うのです。

具体的には、次のようになっています。

円建て:年0.50%から1.20%
豪ドル建て:年3.70%から5.70%
南アフリカランド建て:年6.20%から8.20%

これって、とても不思議な事だと思いませんか?

債券を発行しているところが同じなのに、利率がこれだけ違うのです。
最大で10倍以上の開きがあります。

円建ての債券は不利なのか?

これだけ見ると、円建債を買う人なんていないように思いますよね。
利回りが10倍も違うのですから。

でも冷静に考えると、円建てだけが投資家に不利なんて事はありえません。
だって、本当に円建てが不利だったら、円建ての債券を買う人なんていなくなってしまいますよね。

買う人がいないのなら、円建ての債券なんて、最初から売り出さなければいいのです。

つまり円建ての債券は、他の高利率の債券と比べて、条件に大きな差は無いのです。
少なくとも売り出す側としては、そのように考えているはずです。

繰り返しますが、一見有利そうに見える豪ドル建てやランド建ての債券ですが、別に有利なわけではないのです。

なぜ金利が高いのか?

それではなぜ豪ドル建てやランド建ての債券は、金利が高いのでしょうか?
その理由は為替の変動にあります。

為替というのは、金利差を生める方向に動くと考えられています。
つまり豪ドルやランド建ての利息が大きい分は、為替の変動で相殺されてしまうのです。

もちろん、為替実際にどう動くかは、将来振り返ってみるまではわかりません。
予想と逆に動いて、金利に加え為替差益を得られる可能性だってあるのです。

ただ、過去のデータや理論をベースに考えると、これだけの金利差をつけて、やっと有利不利がなくなるわけです。
少なくとも、発行体や市場は、そのように考えています。

投資信託でも同じ事

ところで、一部の通貨の債券の利率が高くなるのは、この例に限った話ではありません。

証券会社に行くと、ランド建てとか豪ドル建ての金融商品は、積極的にすすめられるものの一つのようです。
また銀行に行くと、金利が高い通貨の外貨預金を勧められたりもします。

あるいは、外債に投資する投資信託をすすめられる事も多いようです。

これらの金融商品のカラクリは、今回の債券と同じ事です。
一見有利そうでも、実は別段有利ではないのです。

外貨を使った投資は、手数料がかかるぶんだけ、歩が悪い可能性すらあります。
投資するときには、注意するようにしてください。

金融機関の店頭で、ブラジル・レアルとか豪ドルとか南アフリカランドとか言い出したら、この手の商品を売ろうとしているサインです。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。