このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

株式投資初心者が犯しがちな間違い 有名企業・優良企業の株を買えば儲かると思っている

株式投資の初心者の勘違いでよくあるのが、優良企業の株を買えば良いと思っているということです。
何を買って良いかよく分からないから、業績の良いよく名前を知っている会社の株を買うと言うパターンですね。

確かに投資初心者の場合、どの株を買って良いか分からないでしょう。
ですから、「何となく有名な企業の株を…」と考えるのも理解できなくはありません。

しかし、投資行動としてはあまりお勧めできるものではありません。
というのも、有名企業や優良企業の株式だからといって、特に有利でも何でもないからです。

株式投資で大きく儲けるためには、市場の評価が実際の企業の価値よりも過度に低い企業を探す必要があります。
不当に低い評価をされた企業の株を買っておき、その企業が正当に評価されたときに株価が上がるのを待つわけです。

ということは、株式投資で儲けるためには、企業の本当の価値と市場の認識のギャップを知る事が重要に成ります。
それには、有名企業とか優良企業は関係ありません。

どんな業績が悪い会社でも、市場の評価がさらに低ければ、その会社の株式は値上がりする可能性が大きくなります。
10億円の価値のある会社が1億円の市場価値しかなければ、将来的に株価は上がるはずですよね。

逆に、どんな優良企業でも市場での評価が高すぎれば、その後株価が落ちる可能性は大きいでしょう。

大事なのは、企業の知名度や業績ではありません。
企業の実力と市場の評価が食い違っているかどうかです。

本当によくある間違いなので、今一度見直してみる事をおすすめします。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。