このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

買収される企業の株価は上昇│ ビックカメラがコジマを買収


■ このページは コジマってジリ貧企業の代表みたいな会社だったんだね の続きです


売上が少ないほうが、6倍も店舗が多いのです。
これは異常な数字だと言っていいでしょう。

はっきり言って、メチャクチャですよね。
店の数が多ければ、人件費だって、テナントの賃料だって、仕入れの費用だって、かなりかかるはずです。

店舗の大きさも違うでしょうから、単純な比較はできません。
それでも6倍もの差は、コジマの経営効率の悪さを示しているのは間違いありません。

おそらく、数年前の拡大路線の影響なんでしょうけどね。
まあ、こんなメチャクチャな事をやっていたら、行き詰まりますよ。

コジマの株価は上昇している

ちなみに、このニュースを受けた、コジマの株価は大幅に上昇しているようです。
ジリ貧の企業が改革される可能性が見えてきたと言う事なのでしょう。

記事では否定されていましたが、ビックカメラによる完全子会社化の可能性も視野に入れているのかもしれません。
将来、完全子会社化のためにTOB をする可能性を見越して、今買っている人もいるのかも。

一方、買収する側のビックカメラの株価は、大きく動いていません。
これを書いている段階では、微増と言った程度です。

家電量販店の合併が続くなら

家電量販店では、今回のような買収劇が、今後も見られるかもしれません。
テレビ販売の不振で、各社共に業績は厳しいようですから。

それを見越して株を買うと言うのもアリかもしれませんね。
企業買収される可能性にかけて、株を買ってみるのも面白いかもしれません。

まあ、買収される前に倒産なんて話も、無いわけではないですけど。
あるいは、業績不振で、株価が大きく下がる可能性もあります。

ちなみに、Yahoo!ファイナンスで「家電量販店」で検索してみました。
興味がある方は、チェックしてみてください。

全部が抽出できているわけでは無いと思いますが、調査の第一歩としては利用できると思います。

最後に一応書いておきますが、投資は自己責任でお願いします。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。