このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

コジマってジリ貧企業の代表みたいな会社だったんだね

家電量販店のビックカメラが、コジマを買収するのだそうです。
これで、ビックカメラが業界2位になるのだとか。1

テレビもパソコンも売れなくなって、家電量販店はそうとう厳しいようです。
こういう時には、企業合併は起こりやすくなります。

今後も、こうした動きは続くのかもしれませんね。

さて、このニュースを見て色々と驚きました。
というのも家電量販店業界、特にコジマに対して、色々と思い違いをしていたからです。

業界6位にまで転落

まずコジマの業界内でのポジションですが、現在は業界6位なのだそうです。
業界内では、中堅の企業と言う感じですね。

この事実に驚きました。

コジマと言えば、かつては時代の寵児かのようにもてはやされていた企業です。
急成長をして業界1位になった時には、マスコミでも大きく取り上げられました。

その後、ヤマダ電機に抜かれたのは知っていました。
でも、6位にまで落ちていたんですね。

まあ、確かに、以前ほどはテレビCMも見なくなりました。
家の近所の店舗も、数年前に店を閉じています。

凋落している要素を探してみれば、結構見つかります。
それにしても、落ちぶれたものですね。

店舗数はビックカメラの6倍

ちなみに、コジマを買収するビックカメラは、売上高では業界5位なのだそうです。
コジマの1つ上の順位ですね。

順位が近い事からわかるように、売上高では両者には大きな違いはありません。
ビックカメラの方が、2割くらい売上が多いだけです。

しかも、ビックカメラの売上には、子会社のソフマップの売上も含まれています。
ということで、売上の規模としては本当に近い両社です。

ところが、店舗数では全く違います。
ビックカメラの34店舗に対して、コジマは208店舗も出しているのです。

次ページへ続く


■ 次ページ 買収される企業の株価は上昇

  1. ビックカメラがコジマを買収・・・業界2位へ []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。