このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

手数料には徹底的にこだわる

資産運用をしているときには、徹底的に手数料にこだわりましょう。
というのも、金融商品の手数料は、思っている以上に高い事があるからです。

ちょっとの工夫で、年間数万円から数十万円の単位で手数料の節約ができる事も多いです。
これだけ節約できたら、新たに株の一つも買えますよね。

特に注意したいのが、手数料をパーセントで表示されているときです。
手数料がパーセントで表示されている時には、具体的に何円かかるのかを考える習慣を持ちましょう。

ちなみに、投資信託の手数料に関しては、次のページをご覧ください。
平均的な投資信託でも、500万円の投資に対して、115万円も手数料がかかることが分かります。

手数料が巧妙に隠されている事も

さらにタチが悪いのが、手数料が表示されていないケースです。

例えば、生命保険は付加保険料と呼ばれる手数料に相当する料金が明示されません。
あるいは、債券も手数料が分からない商品ですね。

こういう商品は、金融機関にかなりの手数料を取られていると思って間違いありません。
ですから、できる限り避ける事をおすすめします。


資産運用を始める前に覚えておきたい9つのポイント

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。