このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

投資信託の売買でどの程度の手数料を取られるの?

金融商品の手数料は、かなり高くつく事があります。特に、保険とか投資信託のように、商品にする為に多くの人が携わる商品はかなり高い手数料を取られます。

もちろん、その結果、私たちが儲ける事が出来るのなら全く問題はありません。しかし一般的には、手数料の分だけ儲けが小さくなるのが現実です。

ところで、具体的にどの程度の手数料を取られているのでしょうか?

投資信託の手数料

投資信託の場合は、販売手数料と信託報酬と言う手数料がかかります。販売手数料は全くかからないこともありますが、投資額に対して3%程度かかるのが一般的です。

ちなみに販売手数料は、その名前の通り販売する金融機関への手数料で、購入時に一回だけ取られるます。

もう一方の信託報酬は、日々の運用に対する手数料です。投資対象によってばらつきはありますが、投資信託の時価に対して2%程度を毎年取られます。

具体的な金額にすると手数料の高さが分かる

このようにパーセントを使って書くと、いまひとつ金額がピンときません。あるいは、3%とか2%なら、それほど手数料が高くないと感じる人もいるでしょう。

そこで、これを金額を使って書き直してみましょう。きっと、違った印象を持つはずです。

条件設定として、500万円で投資信託を買った場合を考えてみることにしましょう。販売手数料料は3%、信託報酬は2%として、10年間運用するものとします。

まず、投資信託を買ったときに、500万円の3%の15万円という手数料がかかります。つまり、投資信託を買うだけでこれだけの手数料がかかるのです。

そして、次に毎年の信託報酬です。これは、運用結果次第で変動するのですが、大雑把に考えると500万円の2%前後は毎年取られると思っていいでしょう。

ということは、信託報酬は毎年10万円前後取られるわけです。この投資を10年間続けるのですから、信託報酬の総額は100万円にもなります。

つまり、販売手数料と信託報酬を合わせると、10年間で115万円も取られるわけです。常識的に考えて、これだけの手数料を取られたら、投資がうまく行く可能性は大きくないでしょう。少なくとも、手数料の分だけリターンは小さくなっているはずですよね。

高い手数料を取られている事を気づかせない仕組み

さて、これだけ高い手数料を取られて、なぜ投資家の人は文句を言わないのでしょうか?

もちろん、手数料の事を納得した上で買っているという人もいるでしょう。でも、多くの人はそうではないと思います。おそらく、多くの人が手数料を取られている事すら気づいていような気がします。

上で紹介した2つの手数料のうち、販売手数料は購入時に運用資金とは別に取られるお金です。ですから、販売手数料を取られている事は多くの人が認識しています。

しかし、信託報酬は運用資金の中から引かれるお金です。追加で徴収されるわけではないのです。

ですから、そのお金を引かれても、投資家は気づかないのです。

こっそり抜かれる手数料にご用心

このように、投資家が気づきにくい手数料が発生しているのは、投資信託だけではありません。金融の世界では、投資家に手数料を気づかせないような工夫は頻繁に行われているのです。

投資信託以外では、例えば、生命保険などでも似たような事をやっています。生命保険会社は掛け金の中から自分の取り分を最初に抜くのです。

たちが悪い事に、生命保険ではどれだけのお金が抜かれているのか私たちには分かりません。一部の商品では、掛け金の半分近くが手数料に消える事もあるといいます。

こういう状況ですから、私たちはどういう手数料がかかって、金融機関がどれだけ儲けているのか常にチェックする事が必要です。金融機関が儲かる商品と言うのは、私たちにとって不利な商品なのですから。

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。