このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

TOPIX のブル・ベア型のETF が上場へ

ETF では、ブル・ベア型もあります。ブル型というのは、株価指数(TOPIX や日経平均株価指数)の2倍3倍の値動きをするETF です。上昇相場と思われる時に使うと、大きく儲けられます。ベア型というのは、、株価指数の反対の動きをするETF です。株価指数が下がる時に買うと、儲けられます。

ブル・ベア型って分かります?

商品紹介です。

TOPIX のブル・ベア型ファンドのETF 東証に上場されるのだそうです。1

資産運用の初心者の人にはあまり関係のないファンドでしょう。ただ、投資経験を積んだ人で、テクニカル分析を駆使するような人には便利だと思います。

ブル型ファンドと言うのは、レバレッジを効かせた商品の事です。レバレッジを効かせる言うのはどういう事かというと、借金をして投資をするというイメージですね。

ブル型とは

2倍のレバレッジが効いている場合、購入する株の数も2倍になります。ですから株価の変動に対して、2倍基準価額が動くと言う感じです。

指数が10%上がると、基準価額が20%上がります。逆に、10%下がると、基準価額が20%下がります。

具体的なチャートを見ると分かりやすいかもしれませんね。とりあえず、「TOPIXブル2倍上場投信(1568)」という投資信託のチャートを見てみましょう。

赤い線のTOPIX に比べて、青い線のETF は2倍動いている事が分かると思います。

ベア型とは

ベア型ファンドと言うのは、通常の指数とは逆の値動きをするファンドを言います。

指数が10%上がると、基準価額が10%下がります。逆に、10%下がると、基準価額が10%上がります。

これもチャートを見てみましょう。「TOPIXベア上場投信(1569)」は次のようなチャートです。

赤の線がTOPIX で、青の線がETF ですね。赤の線に対して、青の線が反対の動きをしているのが分かると思います。

ETF を使うと指値の売買ができるのが利点かな

ブル・ベア型のファンドは通常の投資信託でも取り扱っています。
その意味では、特別目新しさはないような気もします。

ただ、通常の投資信託には様々な不便な点があります。
それが取り除かれると言う意味では、このETF には一定の価値があるでしょう。

具体的に言うと、信託報酬は安くなるでしょうし、約定価格もすぐに分かります。
指値注文も出来るようになります。

ブル・ベア型のファンドを使う人は、ある程度の投資経験を積んだ人がほとんどのはずです。
その人たちには、通常の投資信託よりもETF の方がメリットが大きいはずです。

個人的には、ポートフォリオを組んでホールドという投資です。
ですから、このETF を使う事は無いと思いますけどね。

でも、選択肢が増えるのは良だと思います。

「ブル型」「ベア型」の認知度は低そうです

ところで、「ブル型」「ベア型」という語の認知度は、どの程度あるのでしょうか。もしかしたらこれらの単語は、認知度が低いのかもしれませんね。

実際にGoogle で「ブル型」という語が検索された過去のボリュームは、次のような感じです。

これを見ると分かるように、「テクニカル分析」と比較してかなり検索ボリュームが小さい事が分かります。

テクニカル分析という語ですら、それほど検索されるわけでは無さそうですよね。という事は、ブル型で検索する人なんて、ほとんどいないんでしょうね。

それはそうと、2005年あたりの変動の大きさは何だったんでしょうか。ちょっと思い当たりません。


  1. 利益も損も大きいレバレッジETF、東証上場へ []

スポンサードリンク

まずは確定拠出年金(個人型)を検討しよう

個人の資産運用で一番有利な金融商品は、何と言っても確定拠出年金(個人型)でしょう。いわゆるiDeCo のことです。

普通に働いている人なら、年間数万円から数十万円の節税が可能です。もちろん、完全に合法です。こんなに有利な金融商品は、他には存在しません。加入がまだの人は、とりあえず検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。

iDeCo をはじめるには、窓口となる金融機関を選ばないといけません。お勧めはSBI証券かマネックス証券です。とりあえずは、資料請求だけでも。

スポンサードリンク


タグ: ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。