このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

5年以内に使うのが確実なお金は別に分けておく

5年以内に支出が確実なまとまったお金は、資産運用にまわすのはやめたほうがいいでしょう。
安全な運用先で、分けて管理しましょう。

5年以内に使うまとまったお金というのは、例えば、次のようなものを考えていただくといいでしょう。

●子供の大学の学費
●自動車の購入費用、
●住宅の増改築費用
●住宅の頭金

感覚的には、100万円を超える支出が確実な費用を想定するといいと思います。
もちろん、家庭の状況によっては数十万円程度というケースもあると思います。

支出が確実なお金を分けておく

支出が確実なお金を分けておく理由は、そうする事で安心して資産運用できるからです。

例えば、2年後に子供が大学に進学しているのが分かっているとしましょう。
そして、その学費に充てるはずのお金で株式を買っていたとします。

こんなときに、株式市場のが大きく変動したらどうなるでしょう。
投資額が400万円程度で、それが300万円に減ったとしたら、大学の学費には足りなくなってしまいます(ちなみに、私立大学の4年間の学費は400万円程度)。

これは明らかに問題ですよね。
人によっては、損失分を取り返そうと、さらにリスクの高い投資に手を出してしまう事もあるようです。

もちろん、うまく行けばいいですが、うまく行かないときは…。

お金に余裕がある人でも5年以内に使うのが確実なお金は分けておく

お金に余裕がある人でも、使う事が確実なお金は分けておいたほうがいいと思います。
というのも、そういうお金を資産運用にまわすと、合理的な判断が出来なくなる可能性があるからです。

例えば、2,000万円で金融資産を運用していたとします。
そして、そのうちの400万円は子供の教育資金だったとしましょう。

ちなみにこの2,000万円は、基本的に長期投資をするつもりでいたことにします。

あるとき株価の大きな変動があって、2,000万円が1,500万円まで減ってしまったとします。
大学の学費としては400万円あれば十分ですから、現在の資産運用の方針を変える必要は特に無いはずです。

それでも、多くの人が、この株を売却してしまいます。
大きく損をしたことで、数年後に必要な400万円が確保できなくなったらどうしようという不安が強くなるのでしょう。

しかし、ここで売ってしまうと、長期投資という当初の方針が崩れてしまいます。
最初から400万円は分けて運用していれば、一時的な株価の低迷があっても運用方針は貫けたかもしれません。

ですから、ある程度お金に余裕がある人でも、支出が確実なお金は分けて管理したほうが無難だと思います。


資産運用を始める前に覚えておきたい9つのポイント

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。